婚活マッチングアプリ「ヤリモク・既婚」特徴を見分けて撃退する方法

婚活マッチングアプリ「ヤリモク・既婚」特徴を見分けて撃退する方法

真面目な出会いを目的に、婚活サイトやマッチングアプリに登録して、男性と会ってみたけど、独身ではなく既婚者だったり、H目的、体目的のヤリモク男性だったと言う経験をした女性は少なくない。

基本的には遊び目的NG、既婚者NGとなっていますが、優良マッチングアプリのペアーズやウィズなどでも入り込んでいるのが現状です。今回は、そういうヤリモク・既婚者の特徴を見分ける方法、撃退する方法を紹介するので、効率の良い出会いをする為にも、ぜひ覚えておいて下さい。

ヤリモク・既婚者を見分ける方法、撃退する方法

以下、見分ける方法などを紹介しますが、あくまで傾向が強いと言うだけで、1つ当てはまっているから必ずそうとは限りません。しかし、複数当てはまるなら、可能性は高くなります。

自分の素性を話したがらない男

危険人物、業者、サクラ、要注意人物

マッチング後は、お互いの素性の話などを先ずは話す事が一般的ですが、ここで素性をあまり明かさないタイプは、危険度が高いです。仕事は何をやっているか、自宅はどの辺り、出身地や出身校、その他、自分を特定される可能性がある情報をなるべく出さない。

実際に会ってデート中の会話でも、それらの話題はなるべく避け、聞かれても反らすか、明らかに嘘だと分かる感じ。既婚者やヤリモクは真面目に付き合う気が無いので、いつでも切れる様にしておく為です。

サイトやアプリ内のプロフィールでも、顔写真は掲載していない場合が殆どです。同様の理由で免許証を見せるのを頑なに嫌がる人も危険です。

POINTLINEアカウントで個人情報に繋がるアカウント名、アイコン写真などにしていない人は多いが、アカウント名を変える奴は何か怪しい事をやっている奴。逆にフルネームや自分の顔写真でやっている人は、これとは逆に信頼度は上がるタイプです。免許証を気軽に見せる人も同様です。

 

定番のワードを使って来る男

言葉、メッセージ、文章、ワード

大体の地域を伝えるのは当たり前だけど、それ以上にしつこく「どこ住み?」等、住んでいる場所を聞いてくる。「今から会えない?」等、即会いを希望して来る。「胸ってどれくらいの大きさ?」等、下ネタを挟んでくる。デートの場所に「自宅」も入れ込んでくる等は、ヤリモクが使う定番ワードです。メッセージ等に入っていたら、警戒しましょう。

POINT会う前から下ネタは即切る、即会いしようとするのはブロックするなど、ある程度はお互いの話などをちゃんと出来る男性を選ぶようにしましょう。ただ下ネタは会ってからは話す男性は多いので、ある程度はOKにしましょう。

 

夜しか遊ぶ事が出来ない、飲みにしか誘ってこない男

夜

仕事の時間帯、生活スタイルなどで、遊べるのは夜メインと言う人は多いが、夜しか絶対にダメと言うタイプは危険。真面目なお付き合いを考えているなら、休みの日はお昼からや夕方前からでもOKだと言う人は多いです。

決まった時間しかダメと言う人は、家族や恋人の為に時間を使わないといけない人で、空いた時間にHを楽しみたいと言う人が多い。特に夜が多いが、昼間だけなど、他の時間帯でも固定された時間しかダメな人も危険です。

1番危険なのは、夜で飲みにしか誘ってこない人。簡単なデートで済ませ、お酒の勢いでHしたいと言う人だらけなので注意して下さい。

POINT試しに夜ばかり誘って来る人には、休みの日が分かるなら、その日に前もって昼から遊ぼうと提案してみましょう。どの休みも断られるなら、危険性は高いです。

 

電話番号を交換できない男

出会い系サイトやマッチングアプリの電話番号認証は安全?危険?

電話番号を交換せずとも、LINE等の通話機能で十分なので、問題無いとしている場合は多い。しかし、真面目にお付き合いしようと思っている場合は、早めに交換しましょう。ヤリモクや既婚者は、個人情報に繋がるので「LINEでいいじゃん」と交換をしたがらない傾向が強いです。

LINEはいざとなったらアカウントを作り替える事も簡単ですが、電話番号は難しい。電話番号を知られるとSNSでも繋がる可能性も出てきます。浮気する時には、管理する部分が多くならない様にするので、LINE等に統一したがります。

POINT逆に会う前や、初回のデートで「きちんと電話番号も交換しておこう」と提案してOKしてくれる男性はヤリモクでは無い可能性が高くなります。

 

連絡が付かない事が多い

直ぐ誘ってくる女性、連絡先交換してくる女性の招待とは?

今何やっているのかなって思って連絡入れても、直ぐに電話を取ったり、メールの返信が来る事は稀で、いつも返信やコールバックまで時間が掛かるタイプは危険です。妻や彼女がいる人は、一緒にいる時は小まめに連絡は出来ません。またヤリモクも、小まめに相手するのは面倒に感じる男性が多く、自分都合での連絡しかしてこない人が多いです。

会えるタイミングがいつも同じ時間帯などと同様で、連絡が取れるタイミングがいつも同じと言うのも危険です。マナーモードや消音にしている場合も多いですが、普通の人でも音がなるのは嫌だからバイブだけにしている人もいるので、ここで判断するのは避けましょう。

POINT頻繁に連絡入れ過ぎるのは誰でも面倒に感じるので、ここぞと言う時、平日の夜や、土日の昼間などに連絡を入れて試してみるのも良いでしょう。逆に自分といる時に電話が来ると必ず席を外して喋りに行く場合も怪しいパターンです。

 

カカオトークを使って来る

カカオトーク

裏LINEとも呼ばれ、出会い系で遊びたい時にLINE以外を使いたい場合に推奨されている、メッセージアプリです。わざわざこれを使っていると言う事は、それなりの理由がある。LINEや電話番号は知られたくない理由がある事から、かなり危険です。

POINT「私カカオ使っていないから、LINEか電話番号交換でも良い?」と聞いても、カカオトークに拘るなら即お断りしておきましょう。

 

イベントや長期連休の時は遊べない

クリスマスベル

クリスマスやイブ、彼の誕生日、ゴールデンウィーク、お盆、大晦日や正月など、家族や彼女がいるなら優先して一緒に過ごすだろう日は、何らかの理由を付けて一緒にいる事が出来ないとする男性が多いです。でも体の関係を続けたい場合は、ちょっとずらして早めにとか、遅めにとかでやり過ごそうとしてきます。

ただ、どこかで付き合っていないとバレると思って、1つ2つくらいは予定を入れれる様にしてくる事もあるので注意が必要です。

POINTクリスマスはイブと当日の両方とも遊ぶ、誕生日は前日と当日遊ぶなどでもOKの場合は、ヤリモクや既婚者では無い可能性は高くなります。

 

突然会えない男

驚く男性

前もっての約束じゃないとダメな男性は危険です。たまには突然会いたくなる日があって当たり前。急に予定が空いたから誘ってみる事もあるでしょうけど、突然誘うといつも断られる場合は、相手に妻や彼女がいる可能性が高くなります。

POINT「急に予定が空いたけど、どうしてる?」「用事でお家の近くに来てるから今から会えない?」とか振ってみましょう。彼女持ちや既婚者の場合は慌てたり、いきなりは無理と言う人が多いです。

 

自由に使えるお金が少なすぎる男

財布、お小遣い

既婚者に多いのがお小遣い制で、1ヶ月に使えるお金が限られている人。そういう事もあり、デートできる回数が限られていたり、いつも金欠な感じで支払いは割り勘や、女性が奢ってあげる事も。口を滑らせて「お小遣いが…」なんて話をする馬鹿な男もいるので、そういうのは聞き逃さない様にしましょう。

POINTヤリモク、ビジネス勧誘、宗教勧誘なども、デート費用はなるべく抑えようとしてきます。デートする事が目的ではないので、経費はなるべく安くと言う考え方です。そういう人を省くだけでも、ヤリモクに捕まる可能性は抑えられます。

 

自分の家に入れない男

ホテルの部屋

一緒にいる時に自分の自宅近辺に近寄らない、絶対に自宅に呼ばない、入れない男は、何か隠している可能性が非常に高いので危険です。更に、自分の家には入れないくせに、女性の家には行きたがったり、ホテルには行こうとしてくるタイプは、ほぼ間違いなく体だけが目的のヤリモクです。

POINT何か正当な理由がない限り、何度言っても断られる人はアウト。危険そうなら、相手の家に行くまで自分の家には上げない、ホテルにも行かない事。

 

SNSを隠す男

SNS

SNSがスマホにインストールされているのが見えたから、アカウント教えてと言うと、断られたり、SNSをやっている事自体を隠したりするのは、危険性が高いです。そういう場合、既婚者なら家族に繋がる事をアップしている場合も多いし、ヤリモクも個人情報に繋がるので、SNSで繋がるのは極力避けます。

POINTバーのカウンターなどで飲んでいると、横でスマホ弄っている場合はホーム画面などが見える場合が多いので、それで入っている事を確認したら聞いてみるのも良いでしょう。

 

既婚者やヤリモク男で失敗しない為の注意点

既婚者やヤリモク男で失敗しない為の注意点

特徴であげた点は必ず把握して覚えておく事。しかし単身赴任や別居中などの場合は、既婚者でも自由な場合が多いので、その点は注意が必要です。

1番大切なのは、直ぐにやらせない事。真面目に付き合おうと言う気持ちがある男性なら、初回や2回目のデートでやらないどころか、キスも出来なくても大丈夫です。気を持たせ過ぎるは、チャンスを逃す事にも繋がるのである程度の折り合いを付ける事は必要ですが、早々とやらせないだけでも、危険な男はかなり撃退できます。

本当はきちんと付き合ってからヤルのが1番ですが、30代など大人になり過ぎると、一歩進んでからじゃないと、そういう感じの話題を出しにくい時も多々あります。その場合はキスまでは許すけど「その先は、ちゃんと付き合ってからね」としたら良い。

恋は盲目、舞い上がらない様にし、第三者目線も持ってデートする事。別角度から自分と男性を見ても問題ないと思った時に、初めて結ばれましょう。

関連記事一覧