【まとめ】手相:結婚線で見る「出会い運・恋愛運・結婚運」占う方法

【まとめ】手相:感情線で見る「出会い運・恋愛運・結婚運」占う方法

出会いの前兆、恋愛が上手く行くかどうか、好きな相手の感情線でどういう人かを見分けたりと、手相で「出会い運・恋愛運・結婚運」を占う方法をまとめています。感情線が長い、短い、伸び方、二股や三股に分かれている、島があるなど気になるサインを読み取りましょう。

手相を見る為の予備知識、左手と右手の意味と見方

手相は右手と左手によって違います。どちらかだけを見ると、正しく占う事は出来きません。

右手の手相:生まれ持った運勢(線が変わり難く、先天的な運勢を見る)。生まれ持った資質や才能であり、過去の自分を表す物でもあります。

左手の手相:今現在の運勢(線が変わり易くく、後天的な運勢を見る)。努力で得た才能や開花しようとしている資質であり、現在や未来の自分を表す物でもあります。

右手の方が良ければ、今後努力する事で運勢が伸びる可能性があり、左手の方が良ければ努力が形になって現れ始める前兆として見る事が出来ます。利き手が左手の人は意味が逆になります。

 

手相:感情線で見る「出会い運・恋愛運・結婚運」

感情線が人差し指と中指の間に向かって伸びている

感情線が人差し指と中指の間に向かって伸びている

感情の起伏が穏やかで「愛情に溢れたタイプ」です。面倒見が良いので、良い夫、良い妻、良い父、良い母になり易い。感情のバランスが良いので、人間関係も良好に保てるタイプです。気になる相手にあれば、安心して穏やかにお付き合いできるタイプと言えます。

カーブが急上昇しているタイプは、特に人の気持ちに敏感なタイプで、感情豊かなタイプ。ドラマティックな恋に憧れるタイプでもあります。一気に燃え上がりスピード婚もあり得るタイプ。

逆に先が下降しているタイプは「恋は後回しタイプ」です。他に集中したい事があるタイプで、理想が高く、相手への要求も高くなりがち。晩婚タイプでもあります。

人差し指と中指の間ではなく、人差し指方向に伸びている感情線が長いタイプは「かなりの奥手で慎重派タイプ」です。恋愛だけではなく、何をするでも慎重になるので、気になる相手がこのタイプなら、心を開かせるまではグイグイ押さずに相手のペースに合わせてあげると良いでしょう。

逆に感情線が短いタイプは「情熱的で感情任せのタイプ」です。思い立ったら即行動派で、熱しやすく冷めやすい。この手の人は飽きるのも早いので、Hしたら直ぐに冷めたと言う事も多々あるので、少し様子見しながら恋を発展させていった方が良い。

 

感情線が一直線に伸びている

感情線が一直線に伸びている

感情線が真っすぐに伸びている人は「現実主義タイプ」です。いつも冷静沈着、時にはクールで冷たそうに見える事にありますが、実際には感情を表に出すのが苦手だと言う人が殆ど。気になる相手がこのタイプなら、相手の表情や態度ではなく、本心を見抜く努力が必要です。

直線タイプでは稀に先が頭脳戦と一緒になっている「ますかけ線」の人がいます。天才肌で、大成功するか大失敗するか、極端な人が多いとされています。とても魅力的で多くの人を惹きつけるが、非常に頑固な一面があるので、付き合うと苦労する事も多い。

 

感情線の先が二股、三股に分かれている

感情線の先が二股、三股に分かれている

感情線の先が二股に分かれている人は「相手の立場から物事が見えるタイプ」です。何事でも自分の感情だけではなく、思いやりを持って相手の感情も考えつつ行動できるので、他人に信頼される人です。恋愛面においても相手に尽くすタイプが多いです。

二股の一方が大きく下降している場合は「恋愛を引きずっているタイプ」です。忘れられない相手や好きな人がおり、新しい恋に進めない状態を表しています。これがある場合は、いくら頑張っても振り向いて貰えない場合も多いので、タイミングを見計らった方が賢明です。

感情線の先が三股に分かれている、またはそれ以上に分かれている人は「物事を多角的に見る事が出来るタイプ」です。自分、相手、第三者など様々な面から物事を見る事が出来るので、何かあれば素晴らしいサポートをしてくれる人です。「あげちん」「あげまん」で、相手の運気を引き上げ幸運ももたらすので、結婚相手には最高の線です。

 

感情線が途切れ途切れでギザギザ

感情線が途切れ途切れでギザギザ

感情線が途切れ途切れになっている人は「自分に自信が無いタイプ」です。自信の無さから、過剰な束縛をしたり、嫉妬や妬みを抱いたりする事があるので、付き合うと疲れてしまう事も多々あります。

同じ様な感じですが、短い線が連なって伸びているタイプは「好奇心旺盛タイプ」です。興味のある事には飛びつきますが、無い事には全くの無関心です。

 

感情線から上下に線が出ている

感情線から上下に線が出ている

上に出ている場合は「ポジティブタイプ」です。勝ち気で負けず嫌い、ポジティブさは良いが、自己主張が強く自分本位に考えてしまう面もあるので、喧嘩になると「自分は悪くない」と言う態度になる人も多い。

逆に下に出ている場合は「ネガティブタイプ」です。物事を何でも悪いように捉えるので、相手がこのタイプなら言動に気を付けないと、直ぐに悪い様に取られて雰囲気は壊れる。過去の失敗、過去の失恋などを引きずるタイプでもあります。

 

感情線が2本ある、始まりにくの字(矢印)がある

感情線が2本ある、始まりにくの字(矢印)がある

感情線が2本ある人は「器の大きなタイプ」です。多少の事では動じず、何でも受け入れる度量があるので、多くの人から好かれます。結婚相手として非常に安心できるタイプだと言えます。

また、感情線の入り口にくの字(矢印)の様な線がある人は「明るく陽気なタイプ」です。サービス精神旺盛で、皆を喜ばせたいと言う気持ちを常に持っており、誰からも好かれます。楽しいお付き合いが出来るし、結婚して明るい家庭を作るタイプです。

関連記事一覧