田中道子「初めての彼氏との出会いはオンラインゲーム」

田中道子「初めての彼氏との出会いはオンラインゲーム」

 

View this post on Instagram

 

#後妻業 見てくださった方ありがとうございます☺️💓いかがでしたでしょうか?私の役もどう絡んでくるのかまた見守っていただけたら嬉しいです❣️ 衣装の質問があったのでブランドだけのせます☺️❤️✨ 1枚目 トップス @tiit_tokyo スカート @atsushi.nakashima ピアス @abiste_official プレス @sian.pr 2枚目 トップス @a.saught スカート @sian.pr

田中 道子 Michiko Tanakaさん(@michikotanaka_official)がシェアした投稿 –

1月26日(土)放送、テレビ東京系「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」で、女優でモデルの田中道子が初めての彼氏との出会いはオンラインゲームだと打ち明けた。美人女優もネットで出会う時代と分かり、ネットでも話題になった。

番組では松岡昌宏、博多大吉と田中が「肉菜」、「AJANTA(アジャンタ)」と言う飲食店で飲みながらトーク。

田中は現在29歳、オスカープロモーション所属で、ミス・ユニバース・ジャパン2011で3位入賞、ミス・ワールド2013の日本代表に選出された実績がある。

大学卒業後に二級建築士の資格を取得していたことから建設会社への就職を希望して就職活動をしていた際に、オスカープロモーションの関係者に挨拶に出向いたことがきっかけで同社の社長から「女優になる気があるならレッスンを受けなさい」と言われて芸能界入りを決意。

趣味や特技はピアノ、ハープ演奏、テニス、スキューバダイビング等の芸術関連やアクティブな事が主な印象だが、オンラインゲーム、競馬、漫画も大好きだと言う。それらの趣味から「みんな男友達になっちゃう」と述べた。

17歳、高校生の時に出来た初めての彼は4つ上の大学生で、オンラインゲームで知り合い、一緒にRPGで旅をしている内に好きになり、半年かけて自分から猛アタックしたと明かした。

最初に会う時は友達から「絶対にやめておきな!」と注意されたが、実際に会うとウエンツ瑛士似の超イケメンだったそうだ。それに対し松岡が「でも言い方悪いけど、昔で言うテレクラでしょ?顔が見えない相手と…」とコメントすると、田中は「止めて下さい~。純粋な愛ですよ。だって、顔じゃなく中身から好きになるんですよ」と反論。これに対し大吉が「女子高生と付き合う大学生からは消費税を80%取るべきだと思う。嫌いなんですよ、女子高生と付き合う大学生」とコメントし、田中は大爆笑。

過去にも日テレ系「ダウンタウンDX」でも同様に、17歳の時にオンラインゲームで出会った男性と交際したと告白していた。芸能人やモデルになる様な美女、ウエンツ瑛士似のイケメンともネットで出会える時代とは、良い時代です。

関連記事一覧