台湾人の彼氏彼女が欲しいなら使うべき出会い系マッチングアプリはこれ一択!

世界各国の消費者リサーチ(グローバルリサーチ)を行っている日本企業「Syno Japan株式会社(以下、シノ・ジャパン)」が、グローバル50か国を対象とした一般消費者インターネット調査「Synoグローバルオムニバス」を利用し、米国及び台湾在住の18~79歳の一般消費者に対して「オンライン恋活・婚活に関する意識調査」を実施し、その結果をプレスリリースで発表した。

台湾と米国での出会い系やマッチングアプリ利用に関する調査結果

ソース:PRTIMES

インターネットの普及やライフスタイルの変化に伴い、近年オンライン上で恋人や結婚相手、将来のパートナーを見つける人が増えており、これをサポートするオンラインマッチングアプリ市場は急成長しています。2018年の国内におけるオンライン恋活・婚活マッチングサービス市場は374億円で、2023年には852億円に拡大すると予測されています。(マッチングエージェント/デジタルインファクト調べ)この勢いを受け国内発のマッチングアプリは、メルカリに続く国産スマホアプリとして海外市場での活躍が期待されています。シノ・ジャパンは、既に国内のマッチングアプリが進出している台湾と、巨大なマッチングアプリ市場の米国の消費者に対して、「オンライン恋活・婚活に関する意識調査」を実施しました。

【調査結果まとめ(一部抜粋)】文章、画像共にソース元より引用

台湾の調査結果

■全体の約45%と高い割合でネット上での出会い(ウェブサイト(28%)マッチングアプリ(15%))を求める。

■男女間に、出会いの理想の場所に違いはない。

■年代ごとに、出会いに関する意識の違いが謙虚に。中高年齢層でオンラインでの出会いが一番理想の場所。

■マッチングアプリBeetalk、全体の25%が利用経験ありとTOPに。僅差で国内アプリPairsが20%と2位に。性別間のアプリ利用実態の違いはわずか。

 

米国の調査結果

■全体の約15%(オンライン(8.5%)、マッチングアプリ(6.5%))と限定的

■男性の方がオンラインでの出会いを望む

■全ての年代で「友人の紹介」が人気。若年層(20-39歳)でオンラインでの出会いが一番高い。

■Tinder、全体の10%が利用経験あり。性別による偏りが、アプリの成長の妨げに。

Q「パートナーと出会う理想の場所は?」

【全体】台湾:全体の約45%と高い割合でネット上での出会い(ウェブサイト(28%)マッチングアプリ(15%))を求める。米国:全体の約15%(オンライン(8.5%)、マッチングアプリ(6.5%))と限定的

台湾人の彼氏彼女が欲しいなら使うべき出会い系マッチングアプリはこれ!01

台湾人の彼氏彼女が欲しいなら使うべき出会い系マッチングアプリはこれ!02

台湾の調査結果を見ると、かなりの割合の人がネットでの出会いを期待しており肯定的だと言う事が分かります。またネットでの出会いは米国では男性過多だと言う事が分かります。これは日本も同様で、出会い系やマッチングアプリユーザーは男性過多です。しかし台湾は男女比が変わらない理想的な場所の様です。

 

台湾人の利用率が高いマッチングアプリとは?

台湾人の利用率が高いマッチングアプリとは?

台湾で一番人気のマッチングアプリは、タイやインドネシア、台湾で人気のある「BeeTalk」で、全体の25%が利用経験ありとなっています。しかし、このアプリは私も使った事がありますが、なかなか出会いに発展しません。

私がこの中で使った事があり、尚且つ出会いに発展すると思えるのは、全体の20%が利用経験があると答えている「Pairs(ペアーズ)」です。

ペアーズは日本産マッチングアプリで台湾版もリリースしかなり人気になっています。国際的な出会いをサポートする為に、検索機能で外国人だけを探せる機能も備わっているので、台湾の男性や女性と出会いたいと言う人にはとても良いアプリです。

登録にはFacebookアカウントが必要になります。登録したり利用していても、Facebook上の友達にバレる事は無いので安心して使えます。

Pairs(ペアーズ)公式ページはこちら

関連記事一覧