独身のメリット・デメリット 独り身で寂しいと感じる時、独り身で良いと思う時

独身のメリット・デメリット 独り身で寂しいと感じる時、独り身で良いと思う時

独身だと気楽で自由に生きれるので、独り身で良いと思う時は多いが、その反面、独り身で寂しいと感じる時も多い。どういう時にそれを感じるのか、独身のメリット・デメリットをまとめてみました。これから婚活したい人、非婚で良いと思っている人は、ぜひご覧ください。

独身のメリット、独り身で良いと思う時

時間を自由に使える時

ご飯を食べる、お酒を飲む、遊ぶ、寝る、とにかく自分の都合だけでやれる。部屋着のままダラダラとゲームをして過ごしていても怒られる事もありません。他人には理解して貰えない趣味や好きな事に没頭する事も可能。結婚すると1人の時間が無くなり逃げ場が無くなると感じる人も多い。

パートナーとの喧嘩や別れが無い時

浮気や離婚など、パートナーとの別れが無いので気楽です。友達が浮気されたり離婚したと聞いた時は、独身で良かったと思える人が多い。「こういう人と一緒にいると大変だろうな」と思えるパートナーを連れている人を見た時にも感じます。

家族の介護や面倒を見ている時

親の介護や面倒を見てストレスを感じている時、結婚してパートナーがこんなになるなら、独身の方が気楽で良いと思える。更に結婚した相手の親も介護を必要だったら、かなりキツイ。

稼ぎが十分にある時

1人で生きてい来る分の稼ぎがある場合、他人と生活を共有し、収入を分けなければならない事が多い。女性の場合は家事や育児の大半を押し付けられる事もあるので、経済的な安定があれば、結婚はデメリットが多いと感じる。自分の稼ぎなのに、自由に買いたい物も買えなくなる。

体調面で不安を感じた時

眠い、怠い、キツイ、病気の時など、独り身ならゆったり休んでいられるが、結婚していると、家族の面倒を見たりとゆっくり出来ない。

親が苦労しているのを見た時

経済面や夫婦間の問題をはじめ、色々な問題で親が苦労していると感じた時、自分はそうなりたくないと思う。

異性からモテる時

色々な異性にチヤホヤされて、毎日、毎週、違う人とデートして、楽しい時間を過ごしている時は、1人の人に絞るのは勿体ないし、独り身が良いと思う。

仕事が楽しい時

仕事内容や、職場環境などによっては、結婚や出産すると今のキャリアを失う可能性がある。職場復帰しても今より良い状態になるとは考えにくい場合、仕事を優先したくなり独り身が良いと考える。

運命の人と結ばれなかった時

心の中で「この人だ」と決めた人と結ばれなかった時、「もう運命の人はいない」と感じ、1人で生きて行こうと決意する。

 

独身のデメリット、独り身で寂しいと感じる時

独身、独り身

会話が無く独り言を言っている時

テレビを一瞬見逃した時に「今なんて言ってた?」なんて会話すら出来ません。昔は言わなかった独り言を言っていると気付いた時も、1人が長くなったと寂しく感じます。

休みの日は家にこもる事も多くなり、誰とも会話しない事もある。声を出さないので、声が出にくくなりかすれるので、そうなった時に「自分は会話すらしていないんだ」と気づき悲しくなる。

ネットの実況系に入り浸っている時

テレビ等を見ながら一緒に会話する人がいないが、誰かと会話している雰囲気にはなりたいので、実況系に入り浸ってしまう。

だらしない格好だなと思った時

伸びきったスウェット、だるんだるんのTシャツ、毛玉だらけのパジャマ、落ちない汚ればかりの部屋着。そういうのを着ても誰にも何も言われない状況に気付いた時、悲しくなります。

病気になった時

風邪をひいて高熱があるが自宅には薬、食べ物はおろか、飲み物すらない状態に。しかし、それを買ってきてくれる人はいないし、看病してくれる人はいない。

災害が起きた時

地震、大雨や雷、停電などが起きた時、頼る相手が誰もおらず心細く寂しくなる。停電で寂しさ紛らわす為の得意のツール「ネット・テレビ」が利用不可になり、シーンと何もない世界に落とされる。

家が静かで暗い時

外出する時に「行ってきます」と言う相手がおらず、「行ってらっしゃい」と言われる事も無く静かな部屋を出て、返って来ても「ただいま」「お帰り」も無い。

家に入れば真っ暗、夏は暑く、冬は寒い、お風呂は沸いてなく、布団に入れば冷たい。電気を付けてようやく少し明るい家になるが、それがまた寂しさを増す原因になる。会話が何も無いので、とにかくテレビを付けておく。

仕事で忙しかった週で疲れが溜まっていたから、休みの日にウトウトお昼寝してしまい、起きたら夕方でシーンとしている時、何故か絶望的な寂しさに襲われます。

仕事で失敗した時

応援したり励ましてくれるパートナーはいない。家族がいれば、家に帰れば気持ちは少々リセットされるが、それも無いので家でもずっと引きずってしまい、悲しくなる。

家族連れや老夫婦を見た時

ショッピングモールで家族連れで楽しそうに買い物していたり、老夫婦が手を繋いで仲良く歩いているのを見ると、「自分にはこういう未来は無いんだ」と感じ寂しくなる。スーパーやコンビニでカップルが買い物しているだけでも感じる時は多い。

サザエさん、ちびまる子ちゃん、クレヨンしんちゃん等、家族主体のアニメを見ると、同様に寂しくなるが、憧れもありついつい見てしまう。

友達が結婚、出産した時

心からお祝いしたいが、同じ時間が流れているはずなのに、自分だけ取り残された様な気持ちになる。

休みの日に1人で出掛けるのが当たり前になった時

周りはパートナーとの予定が入るので、休みの日は1人で出掛ける事が当たり前になってくる。これだけでも寂しいが、外に出ると更に自分は1人だと強く思わされ、自宅にこもり始めると、寂しさは増す。

年末年始やGW、お盆などの長期連休の時

多くの人が結婚したり、パートナーを作っていると、長期連休は誘える相手もいないので、家にこもる事になる。自宅でこもる為にスーパーに買い出しに行くと、周りは家族様に大量に購入するが、自分は単身用で少量なのを見ると更に寂しさを感じる。

家が嫌だと気楽な1人旅に出掛けてみるも、話し相手はいないし、食事は1人なので限られたお店にしか行けず寂しい思いをする。かと言って、ニュースで交通機関のラッシュ状態や、旅行に出掛ける人、帰って来た人のインタビュー等をみるのも辛い。

老後を考えた時

誰も面倒を見てくれる人はいない、狭い部屋で孤独に死んでいくのかと考えると、寂しくなる。あまり老後をリアルに考えない様にするも、「そうしないと寂しい思いに負けるから」と考えている自分に気付いた時、更に悲しくなる。

誕生日が来た時

お祝いしてくれるパートナーがいないし、友達からは簡単なメッセージだけ。また1つ歳を取ったと認識し、嫌でも老後を意識してしまう。

メールが業者からばかりの時

友達からのメールは来ず、来るのは迷惑メールやセールスメール、登録したサイトからのメールなどばかりになった時は、誰とも繋がりが無いと感じる。

新年や新年度が始まる時

お祝いの時期、新しい気持ちに切り替わる時だが、独り身だと季節感が無くなり、心新たにとなりにくく、旧年の気持ちのまま新年を迎え、何も変わらない自分に気付いてしまう。そして他の皆から置いて行かれている様な気分になってしまう。

特に大きな理由は無いが…

独り身が長くなると、特に大きな理由が無くても何故か時々ふと寂しい様な、悲しい様な感情が湧き出してしまう。

皆さん、パートナーじゃなくても良いので、遊び相手くらいは確保しておきましょう。

関連記事一覧