令和元年版「少子化社会対策白書」未婚率や結婚しない出来ない理由

令和元年版「少子化社会対策白書」未婚率や結婚しない出来ない理由

6月18日閣議決定された、令和元年版「少子化社会対策白書」では独身の男性と女性に調査をし「結婚しない理由」「結婚できない理由」についてまとめている。年代別の男女の未婚率(独身率)、50歳時の未婚率(独身率)、結婚相手との理想の出会いの場に関する調査結果も出ています。

ソース:内閣府

男女の未婚率、独身率

男女の未婚率、独身率

結婚せず未婚の独身でいる人の未婚率を年齢別に見ると、20代後半の男性は72.7%で4人に3人、女性は61.3%で5人に3人、30代前半の男性は47.1%で2人に1人、女性は34.6%と3人に1人、30代後半の男性は35.0%で3人に1人、女性は23.9%で4人に1人となっている。長期的にみると未婚率は上昇傾向が続いているが、2010年頃からほぼ横ばいとなっている。

男女の未婚率、独身率02

更に50歳時の未婚割合を見てみると、2015年では男性23.4%、女性14.1%となっており、こちらは2010年頃から比べてもまだまだ上昇傾向を崩しておらず、今後も上昇が続くと予想されている。

 

独身の人が結婚しない、結婚出来ない理由

30代前半の人に意識調査をすると、男女共に「いずれは結婚したい」と答える人が8割を超えている。しかし、その割合が既婚者になっていない状況を見て、この調査では結婚願望があるのに結婚していない人に「どの様な状況になれば結婚すると思うか?」と調査した所が以下の結果。

独身の人が結婚しない、結婚出来ない理由

1位(42.4%):経済的に余裕が出来る事
2位(36.1%):異性と知り合う(出会う)機会がある事
3位(30.6%):精神的に余裕が出来る事
4位(30.5%):希望の条件を満たす相手に巡り合う事
5位(28.4%):結婚の必要性を感じる事
6位(23.0%):相手が結婚に同意する事
7位(17.7%):適当な年齢になる事
8位(13.5%):自分の自由になる時間がある事
9位(11.6%):親や周囲が結婚に同意する事
10位(11.1%):今よりも仕事(または学業)の負担が軽くなる事

結婚を希望している人で「適当な相手にめぐり会わない」と回答をした人の42.6%が「そもそも身近に、自分と同世代の未婚者が少ない(いない)ため、出会いの機会がほとんどない」とし、出会いが無い事を理由に挙げている。

また、「適当な相手にめぐり会わない」と回答した人の約6割が「特に何も行動を起こしていない」とし、出会いを求めたり、婚活を行ったりしていない事が分かった。結婚相手との理想の出会いの場に関しては、1位「特にこだわらない」、2位「職場や仕事で」となっており、出会いのキッカケに関しては形や固定観念に囚われていない事が分かった。

関連記事一覧