出会い系で裸の写真や性器のエッチな画像を送ってしまい警察沙汰に?

出会い系で裸の写真や性器のエッチな画像を送ってしまい警察沙汰に?

出会い系で裸の写真を送り示談交渉や警察沙汰に?

出会い系サイトでやり取りして仲良くなった女性と裸の写真や性器の画像など、エッチな画像を送りあった事があると言う人はいらっしゃると思います。

そういう人の中で、その後に使っている出会い系サイトの運営会社から「エッチな画像のアップロードは違法行為だとして示談金を払え、払わないと警察に通報する」と言う趣旨のメールが送られてきたという経験がある人も少なくないです。

この場合は、示談金に応じないといけないのか?

 

出会い系でエッチな画像をアップした場合、どういうパターンが違法になる?

出会い系でエッチな画像をアップした場合、どういうパターンが違法になる?

誰でも見れる場所、例えばプロフィール画像や掲示板などに、それ系の画像をアップしたなら確かに法律に違反しているので、警察沙汰になる可能性があります。

これは出会い系に限らず、ネット上のパブリックな場所に掲載すれば同様です。加えて相手が必要としていない、承諾していない状態で送り付けるのも法律に違反する行為になります。

もう1つ、相手が未成年だった場合も問題になります。これら以外では基本的には問題にならないと、多くの法律系サイトでも判断しています。

 

エッチな画像を送った事に対する示談金話は悪質運営会社に多い

エッチな画像を送った事に対する示談金話は悪質運営会社に多い

相手が承諾している場合にエッチな画像を送っても違法にはならないと思います。承諾している女性が、こんな画像を送ってきたと運営会社に訴えても個人間で承諾したやり取りなので罪にならないと思います。

また、そういう報告も無く、運営側が指摘する事は出来ません。個人間のメッセージのやり取りは、例え運営しているサイトであったとしても通信の秘密を侵す事になるので、そうした場合は運営側が違法行為を行った事になります。

このケースの多くはサクラを使う悪質出会い系サイトに多いです。

 

悪質出会い系のサクラを使った詐欺の定番

悪質出会い系のサクラを使った詐欺の定番

エッチな画像を遅らせるのは、悪質出会い系のサクラを使った定番の詐欺の手口です。

エッチな画像を送った事実があれば、男性側は自分にも悪い部分があったとして、何かあっても文句が言い難い心理を利用して、更にお金を脅し取れればOKと言うスタンスでやっています。

サクラとのやり取りが長くなって、アポをキャンセルするのも限界に近づいてきたら、その女性キャラをサイト規約に違反する行為を行ったとして大会させ、男性側にはサイトに被害を与えたとして示談金を要求します。

こうなると男性側はサクラ云々と言う話ではなくなっていくので、サイト側にとっても都合の良い話に持っていく材料になるのです。

こういう定番の詐欺手口は無視して、そのサイトの利用はその後絶対に控える様にして下さい。出会えるサイトは幾らでもあるので、いつまでもそういう悪質サイトを使う必要はありません。

 

エッチな写真を交換する人はサクラに捕まりやすい

エッチな写真を交換する人はサクラに捕まりやすい

サクラが男性を捕まえる時に1番手っ取り早いのは、エッチな話をする事です。男性の多くはエッチしたいと言う気持ちで、出会い系サイトを利用しています。

アポや連絡先高官の話を反らずのも1番いいのはエッチな話です。上手なサクラは普段はなるべく雑談をする様にして、ここぞと言う回避しないといけない話題の時にエッチな話を盛り込んで、そちらに目を向かせます。

サクラに捕まって大金落とす騙されやすいタイプの男性は、特にエッチの話に弱い傾向があります。

出会い系で出会いたいなら、サクラや業者に捕まってはいけません。その為にはエッチな話を封印すべきです。そうするだけで大半のサクラや業者に捕まる事は無くなります。

まず見ず知らずの男性にいきなりドエロな話をしたり、自分の裸の写真を送ってくる女性はいません。エッチな話は合ってからのお楽しみにし、先ずは出会いに発展出来る様な会話をしましょう。

関連記事一覧