「出会い系サイトの利用料金が未納」架空請求詐欺の手口やシステムの詳細暴露

「出会い系サイトの利用料金が未納」架空請求詐欺の手口やシステムの詳細暴露

「出会い系サイトの利用料金が未納なので電子マネーで支払ってほしい」と電話やメールがきたら、架空請求詐欺なので払う必要は無い。その手口やシステムの詳細を暴露すると共に、予防方法も紹介。ネットを利用した詐欺では、未だに架空請求詐欺が多いので、注意が必要です。

出会い系を利用した架空請求詐欺

身に覚えのない請求が来る

出会い系サイトの運営会社から「利用料金の支払い確認が取れない」と言うメールの内容を受信。心当たりは無いので何かの間違いではと思って、メールに書かれていた、お問い合わせに連絡を入れてみると、通信事業会社の社員を名乗る男から「出会い系サイトの利用料金が未納なので電子マネーで支払って欲しい」と言われ、言われた通りにコンビニで電子マネーを購入し、相手に番号を伝えた。

こうやって払う必要もないお金を払ってしまい、後から詐欺の被害に遭ったと気付く事は多いです。

架空請求詐欺の請求パターン

出会い系に限らず、悪質アダルトサイトなどで見られる手口で、単に電話やメールなどで利用料の督促を行って来るパターンと、ワンクリック詐欺やツークリック詐欺の様に画面に契約成立したかの様にし利用料を督促して来るパターンが主です。また最近ではランサムウェアを利用し、コンピューター人質に取る為にウイルス感染させ、身代金を請求すると言う手段も取られています。

架空請求では現金振り込みは使われなくなった

昔は単純に「現金を〇〇銀行〇〇口座までお振込み下さい」としていたが、足が付きやすいし、口座が凍結され引き出せないリスクが高いので、電子マネー、ウェブマネー、仮想通貨などで支払う様に促してきます。どういう支払いであっても、身に覚えなくこれらで支払えときたら詐欺だと思いましょう。

 

架空請求詐欺に嵌め込む手口

アダルトサイト、ランキングサイト等で直接引き込む

アダルト系の動画を探したりする場合、検索したり、アンテナサイト、ランキングサイト、動画ポータルサイトなどで探す事が多いと思います。そういう所を直接運営して広告やお勧めサイトの様に紹介し、ワンクリサイトなどに流します。有効なメールアドレスを手に入れる為に、クリックした瞬間に勝手にメール送信させる等の手口もありました。

メールアドレスなど個人情報を収集

不特定多数の人にスパムメールを送って釣るので、メールアドレスを仕入れなければなりません。懸賞サイトなどにスポンサーとして登録したり、占いサイトを作れば、そこに登録したり、結果を見る為に沢山の人がメールアドレスを登録するので、沢山収集できます。

自前でなくても名簿業者に頼めば、例えば「で出会い系サイト利用者 男性 40代以上 課金した事がある人」等と、属性を絞ってリストを集める事が可能です。属性を絞れば、その人に合った文章を作れるので、釣り易くなります。

名簿業者では「詐欺被害者」等のリストもあるので、こういうリストは詐欺を行う人にとってはかなり重宝されます。これを基に、電話してくる場合も多いです。

URLをクリックしたら有効になる

集めたメールアドレス毎に機械的に詐欺の舞台となる出会い系にアカウントを作ります。

集めたメールアドレスに対し「〇〇さんからメッセージが届いています。閲覧するには以下のURLをクリック」等とメールを送ると、出会い系を使った事がある人は「あれ?このサイト使った事あったかな?取り合えず見てみよう」と思ってクリックします。

そのURLはアカウント毎に違うので、クリックした時点でアカウントが有効になり、メールアドレスが生きている確認も取られます。有効になった時点で、サイト利用料が発生している体になり、架空請求されます。

有効になった時点では利用料は発生していないが、ポイントが付与されているので、それを使うと実は後払い制で、使ったポイント代を払えと言う体で利用料を督促する場合もあります。手が込んでいる所は、こういう所まで作り込んでいました。

しかし、そもそもきちんと分かる様に有料だと提示し、更にそれの利用を承諾する段階を踏まないと契約は無効なので、こういうやり方であっても、払う必要はありません。

 

ネットの架空請求詐欺の予防方法

1.電子マネー、ウェブマネー、仮想通貨での支払いを促された場合は特に疑う

2.身に覚えのない請求はいったん冷静になって、本当に払うべきものかを考える

3.メールのURLは絶対にクリックしない

4.相手の連絡先に連絡を入れない

5.気になる場合はメールアドレスの@以下のドメインを検索する

身に覚えは無いけど対応しないと危険なのではと思い、対応する人が多いですが、対応した方が危険になる事が多いので、もし不安なら消費生活センターに相談するなどを先ずはした方が良いでしょう。

大抵変なドメインでやっているので、@以下のドメインを検索すると、詐欺会社だと分かります。フリーアドレスなどを使っているなら論外です。

関連記事一覧