元サクラが教える出会い系「サクラの全貌」特徴・見分け方・職場・働き方・給料まとめ

元サクラが教える出会い系「サクラの全貌」特徴・見分け方・職場・働き方・給料まとめ

出会い系サイトや出会い系アプリで出会いの邪魔をする存在「サクラ」。優良サイトを使えばサクラがいないので、そういうサイトを先ずは使う事が出会いの為の最優先事項です。しかし実際には多くの人が悪質サイトのサクラに捕まっている状態です。サクラとは幾ら頑張って話をしても会えないので、自分が話している相手がサクラなのかを見分ける為に、今回紹介するノウハウを使って下さい。

ここではホワイト・グレー・ブラック、全ての出会い系運営会社でサクラや管理者として働いた経験があり裏側を知り尽くしている私が、その特徴・見分け方・職場・働き方・給料などを紹介します。サクラの実態を知れば、サクラがいるサイトで出会えない事も理解できると思います。

出会い系のサクラの募集方法や待遇などの条件とは?

出会い系のサクラの募集はどうやって行われているか?

出会い系のサクラを募集しているサイトとは?

良く名前を聞く様な大手の求人サイトでは審査が厳しいので最近は掲載されていません。多くの場合は地域特化した求人サイトなど、マイナーで小規模な所に求人募集を出しています。また昔は「メールレディ募集」等とモロにサクラと分かる募集の仕方もありましたが、現在では「SNS・WEBサイトへのメール、簡単なデータ入力、ウェブサイト管理」等で募集されています。

摘発が厳しくなってからは公に募集はせず、既に働いている人の紹介では無いと働けない事務所も多くあります。多くは東京と近郊、もしくは大阪に事務所がありますが、手広くやっている所になると東京を本社に大阪、福岡などに展開している場合もあります。殆どが東京、大阪のどちらかですが、地方の都市部でも事務所は存在しています。

 

悪質出会い系の組織はどうなっている?

暴力団・反社会的勢力(無い場合もある)

一般的な企業(ブラックの場合は架空で存在しない場合もある。規模が大きくなると事務所を借りたり、ネットや電話の用意で困る事もあるので休眠会社を買い取るパターンもある。)

全ての事務所を統括する人(個人レベルでやっているならここ以下からの場合もある。)

事務所の責任者

事務所の管理者

サクラ

 

出会い系のサクラの給料などの待遇や条件とは?

正社員となるのは管理者などからで、サクラはアルバイトで保険等は無い所が多いです。給料は大都市だと時給1200~1500円、地方で1000円前後、それにユーザーとのやり取りが多く成績が良い人にはボーナスが付きます。

拘束時間は事務所によってまちまちで、空いた時間に1時間や2時間でも働ける事務所や入る時は最低でも6時間以上の稼働が必要になる事務所などがあります。出勤日数もまちまちで週に2回からでもOKの所もあれば、週に5回は出勤しなくてはいけない所もあります。

服装や髪型は自由なので、一般的なアルバイトはし難い人達が多く働いている傾向が強いです。加えてダブルワークの人も多い印象でした。

 

出会い系のサクラはどういう感じで働いている?

長いテーブルに2台~5台などパソコンを並べて、そこに1人1人座り黙々とメールを送る為にタイピングしています。このテーブルが複数列あって、大きな事務所だと数十人が同時に作業を行っています。その作業を管理者が見ていると言う感じです。

多くの事務所は一般的なアルバイトに比べて緩いので、ご飯を食べながら、お菓子を食べながら、音楽を聴きながらやっている人が多いです。私語など他の人の作業に影響が出るような事をしていると管理者から注意されます。

 

出会い系のサクラの作業量とは?

事務所によってまちまちですが、平均的に見ると1時間にメール15~20通くらいは送らないといけません。ファーストメール(まだメールを送った事が無い人へ送るメール:通称アタック)、セカンドメール(まだメールを送った事が無い人から送られてきたメールへの返信)や会話中の人への返信、会話中だけど途切れて返信が無い人へのメール(通称掘り起し)、チャット等が主な作業となります。

様々な人に様々なキャラを使い話分けているので、それを把握してメール内容を考えながら3~4分に1通は送らないといけないので、片手間で出来る作業量では無いです。

それらの作業と並行して自分が使うキャラを拡充する為に、キャラの新規作成も必要になります。多い人で1000人以上、少ない人でも100人程度のキャラを持っています。新しい男性が入会したが自分の手持ちに合うキャラがいない場合、その男性の好みに合いそうなキャラを作成しアタックすると言う感じです。1000人くらい保有している人が30人いる事務所なら、登録ユーザーの3万人がサクラが動かす架空の人物になるので、そこに100人程度素人がいた所で出会いに発展しないのは分かると思います。

因みに私がやっていた頃は2000体のキャラを扱い、常時50人程度の男性ユーザーと会話していました。

 

出会い系のサクラは犯罪になり逮捕されるか?

サクラとしてアルバイトをすると心配な事は犯罪になり逮捕されるかどうか。一昔前までは摘発されても逮捕されるのは責任者以上でした。厳しい場合は管理者も引っ張られていましたが、ここ数年の摘発を見るとサクラも逮捕されています。その点から、非常にリスクが高く、その割には給料も低いので、止めておくべきだと思います。

 

サクラを使う悪質出会い系サイトやアプリでは絶対に出会えない理由

サクラを使う悪質出会い系サイトやアプリでは絶対に出会えない理由

サクラが使う架空キャラが多い

先に述べましたが、悪質サイトの場合サクラは1人のアルバイトが100~1000以上のキャラを使っています。例えば30人のアルバイトが常駐している悪質サイトだと仮定して、10万人のユーザーがいるサイトで男女比7対3としたら、ほぼ全ての女性が架空キャラなので出会いには発展しません。少なからず素人もいるだろうと思い頑張る男性もいますが、宝くじに当たる様な確率でしか出会えないので、そういう場所で労力・時間・お金を使わず優良サイトへ直ぐに移る事をお勧めします。

 

サクラとしか話が出来ない場合がある

悪質サイトの中には男性は一般女性ユーザーと話が出来ないシステムになっている場合もあります。このシステムでは宝くじに当たる確率どころか、出会える確率0%です。

 

サクラは女性と限らない

運営会社で働いていた頃、サクラ相手でも相手は人間だから誠意を示して相手すれば出会いに発展すると考える男性もいらっしゃいました。しかし、女性キャラを動かしているのは女性と限らず男性の場合もあります。アルバイトを見ると圧倒的に男性が多く、男性の気持ちが分かる男性の方が成績は優秀です。ですので、サクラでもと考えていては何時までも出会いは訪れません。

 

出会い系のサクラの特徴と見分け方

出会い系のサクラの見分け方

出会いに発展させない

サクラですので、いかに出会いに発展させず会話を多くするかが勝負所となります。ですので、出会いの話になると話を逸らす、出会いのアポの話になると「会いたいけど今は忙しい」、「日程を調整する」等と言って会おうと言う気はあるが今は無理と言う体で話を続けるタイプが多いです。正し、一般女性でも即会いしようとすると拒否する人は多いので混同しない様にしましょう。

やり取り開始して1ヶ月以上の相手しかアポはダメ、20通以上やり取りした相手じゃないとアポはダメなど、事務所によって規定がある場合があります。私の場合は10通程度で出会いに発展しない、連絡先を交換できない相手は無理だと割り切って別の人を狙います。

 

出会いのアポはキャンセルされる

アポが成立しても絶対に会えないので必ず「キャンセル」「すっぽかし」されます。前日までに断りを入れる、24時間前までに断りを入れる、断る理由として不幸ごと・事件・事故等はNGなど事務所によって規定がある場合があります。

私の場合はキャンセル等をされた場合は最低でもその時点でプライベートな連絡先を貰えない限り切ります。

 

連絡先を交換できない

サクラの場合、プライベートな連絡先は交換できません。交換してやり取りしても売り上げにならないからです。「会うまで不安なのでプライベートな連絡先は会ってから交換しよう」等と言いはぐらかします。しかし一般女性なら10通くらい仲良く喋れば多くの場合は交換できます。最近では電話番号やメールアドレスじゃなくLINE等もあり交換のハードルは下がっているので、ここまでで交換できない場合は切りましょう。

また出会いのアポを取っても交換できない、キャンセルされたのに連絡先も教えてくれずサイトを通すしか無い場合はサクラと判断すべきで、そういうサイトの利用は止めて優良サイトへ移るべきです。絶対のその後も同じことを繰り返されるだけです。

へんてこな攻略サイトでは、いきなり連絡先を聞いて教えてくれなければサクラと判断する等とありますが、一般人でもいきなりアドレスよこせと言われても渡さないのは当たり前です。

 

サクラの動きにはパターンや癖がある

サクラはアルバイトなので出勤時間などが決まっている場合が多いです。必ず同じ様な時間からメールのやり取りが始まり、必ず同じ様な時間で終わる場合注意が必要です。長期で休む場合や、大切なメールを時間外で送信する必要がある場合だけは、管理者や他の人が変わって送る事があります。一般人でも決まったリズムがある人は多いですが、絶対に昼しかメール出来ない、夜しか出来ないと言う人はいません。また勤務時間中に決まった時間に休憩を取るサクラも多いので、そうやって合間で必ず同じ様な時間にメールが出来ない時間があるパターンもあります。

また同じキャラを複数のサクラで回す事務所もありますが、こちらの場合はそれぞれのメールの癖、喋る言葉、句読点の打ち方、漢字などの変換の癖、以前の会話を全て把握していないので会話の矛盾などがあるので、良く観察すれば分かると思います。

 

男女比が同等や女性が多い

どんなに女性ユーザー獲得の為に積極的に広告掲載を行っている優良サイトでも男女比は7対3くらいです。同等や、男性を上回る女性のユーザーがいるサイトは、明らかにサクラ満開のサイトだと判断して良いでしょう。出会い系やマッチングサイトのユーザーは圧倒的に男性過多です。ですので優良サイトは女性を集める事に経費を多く使います。逆に悪質サイトは男性を集める為に経費を使います。

女性ユーザー獲得の為に積極的に広告掲載を行っていない場合、男女比は9対1よりも低いと思います。サクラサイトの場合は男性を集めれば商売が成り立つので、男性しか引っ張ってこず男女比は9.999対0.001くらいでした。

 

女性から頻繁にメールが来る

上記で説明した通りに男性過多なので、女性は黙っていても沢山のメールが貰えます。ですので、積極的にメールを送って来る人は少ないです。女性側から来たアタックは無視する事でサクラや業者・キャッシュバッカーを避ける率が高まります。やり取りを打ち切って返信をしていないのに何度もメールを送って来るのはサクラの典型的な特徴と見て良いでしょう。またこちらからアタックすると必ず返信が来ます。

新規登録したサイトやアプリで沢山女性からメッセージが来る場合はサクラ満載と判断して良いでしょう。

サクラサイトでは黙っていてもサクラから沢山メールが来るので男性は勘違いしてしまいますが、優良サイトでは自分から積極的に動かないと一般女性とのメールのやり取りは始まらないし、メールの返信率も低いのが現実です。

 

下ネタが多い

男性は出会い系にエロを求める人が多いので、必然的にエロで気を引こうとするサクラが多いです。冷静になって一般女性の側に立って考えれば分かると思いますが、いきなり下ネタ全開なトークをする人はほぼいません。ましてプロフィールなどに書き込む人も。特殊な性癖でパートナーを探している場合は一般人の可能性はありますが、多くはサクラか業者ですので、エロを回避するだけでも出会いの確率は高まります。

下ネタで盛り上がって満足する人も多いですが、そういうのは実際に会ってから幾らでも楽しめるので、会うまでは会う為のトークを全力で頑張りましょう。

 

検索に出てこない

どのサイトでもサイト内検索、ユーザー検索があると思います。サクラサイトの場合、ユーザー検索しても相手が出てこない場合があります。これは古いサクラキャラなどは表向きに表示を消す場合があるからです。しかしやり取りがあれば売り上げになるので、古いキャラでもメールは送れる様になっているシステムを採用している事務所があります。

 

 

料金が高いサイト

 

出会い系では低価格=優良、高価格=悪質の場合が多く、メール1通100~500円以上する様なサイトは総じてサクラばかりの悪質サイトです。低価格だから絶対に安全と言う訳ではありませんが、高価格は絶対に危険な事は覚えておきましょう。高価格サイトを使っているなら直ぐに止めて優良な1通30~50円程度の低料金サイトに移りましょう。

同じ料金でも優良サイトなら数倍のメールが行えるので、焦らず冷静にやり取り出来るので、一般女性に対してもプレッシャーを掛けずに安心させる事ができ、出会いに発展しやすいです。

 

マイナーな穴場サイト

ネットでの出会いは男性過多なので頑張らない人は出会いが難しい。楽して会いたいと思う人はマイナーな穴場サイトを探して利用しようとしますが、そういうサイトは間違いなく悪質サイトなので止めておきましょう。

男性がマイナーサイトに登録する理由は分かりますが、女性がわざわざマイナーサイトに登録する理由はありません。更に女性は広告が良く出ているサイトに登録する傾向が強いです。穴場を必死で探して辿り着いたサイトに、女性がわざわざ同様の労力を使って行こうとすると思いますか?

 

迷惑メールや同時登録から登録を促されたサイト

迷惑メールはそれ自体が違法行為なので、そういう事を行っているサイトは絶対に悪質サイトです。また1つのサイトに登録すると、他のサイトにも同時登録される様な場合も登録したサイト、同時登録されたサイト全てが悪質サイトです。優良サイトでは絶対にされません。

 

男性側の状況もチェック

男性が登録する際には、男性専用ページを見るので登録前も女性ユーザーが見えると思います。ここで一旦登録前に女性側から男性ユーザーを見てみましょう。すると、悪質サイトの場合は男性ユーザーがプロフィール欄などに文句ばかり言っている人が多い場合があります。更にアクティブユーザーが少なく、多くはメールボックスが一杯の状態。こういうサイトは男性がどう頑張っても出会えないと言う結果が表れていると思って下さい。

また逆に女性側は幾ら遡っても多くの人のメールボックスは一杯にならずメールが送れる状態になっているなら、サクラが沢山待機している可能性があります。

関連記事一覧