社内恋愛が上手くいったキッカケ!恋が実った人のアプローチ方法

社内恋愛が上手くいったキッカケ!恋が実った人のアプローチ方法

社会人になると職場での出会いが恋愛のキッカケになる事が1番多く、職場の憧れの先輩上司、気になる同僚、可愛い後輩などと付き合い始める事は非常に多いです。しかし仕事の場だけあって好意があっても慎重になります。そこで社内恋愛が上手くいった人が使ったキッカケ、アプローチ方法を紹介します。

社内恋愛が上手く行った人のキッカケ、アプローチ方法

必ず挨拶する様にした

1.自分から挨拶をする

「朝なら“おはようございます”、すれ違う時などは“お疲れ様です”、相手の容姿に変化があれば“髪切りましたね”、夏なら“暑いですね”等と、必ず挨拶をする様にしたら、段々とそれ以外の話もする様になって、ある日あっちから連絡先を聞いてくれて、トントン拍子で上手くいきました」

「気になっていたけど、ずっと挨拶すらできなかったから、笑顔で会釈だけする様にしていたら、あっちから声を掛けてくれる様になりました。そこから食事にも誘ってくれて、良い感じになりました」

 

POINT社内恋愛だけではなく、様々な出会いのチャンスにおいても、先ずは自分から挨拶したり声を掛けられるかが大きなターニングポイントになります。せめて笑顔で会釈くらいは頑張ってやりましょう。

 

食事会や飲み会で近付く

飲み会

「気になる人がいたけど、社内では喋りかけられないままでした。でも飲み会の時に頑張って、隣の席をゲットしたら気軽に話せる様になって、そこから2人でご飯行ったりで、付き合う様になりました」

「夏に仕事終わって皆でビアガーデン行こうとなって、たまたま隣に座って話したらいい雰囲気になって、連絡先を交換したらあっちから誘ってくれて交際に発展」

 

POINT食事会や飲み会はもちろん、何か会社のイベントがあれば大チャンスです。とにかく近付き話し掛けるか、話し掛けられる距離にいる事が重要です。この日だけで終わらない様に、必ず連絡先は交換しておきましょう。

 

社内に協力者を作る

協力

「協力してくれる既婚者の同僚がいたので、その同僚が週末の仕事が終わった後に皆で食事会をしようと企画してくれて、社内プチ合コンみたいな形に。そこで仲良くなって、上手く行きました」

「彼と仲の良い社員で普通に話せる人がいたので、その人に協力して貰って、仕事終わりの飲み会や休日に遊んだりする時に彼を呼んで貰って、そこから徐々に距離を詰めていきました」

 

POINT信頼できる協力者がいるなら、その人の協力を得ると、スムーズに2人きりの時間を作ってくれるので、発展しやすいです。

 

世間話から誘う

世間話

「世間話程度に、暑くなってきたしビールが美味しい季節ですね!お酒は飲むんですか?(飲みますよ!)それなら今週一緒に飲みに行きませんか?で付き合い始めました」

「天気も良いし、たまには海でも見に行きたいなぁ~って感じの会話の流れから、あっちも、いいね!って感じだったので、その流れで一緒に行きましょうと誘いました」

「住んでいる場所が近いので、あのお店行った事ある?最近できたお店良さそうだねって話していたら、今度一緒に行きましょうって流れになりました」

「美味しいご飯食べたいなって話から、今度良い所あるから教えるよって流れからの、じゃあ連絡先を交換しようと言う感じで、ご飯デートに発展しました」

 

POINT挨拶よりも難易度が高くなりますが、やはり会話をする事が1番です。調査の結果、このパターンからの発展が1番多かったです。

 

相談事をする

相談

「部署が同じなら普通に仕事の相談があるんですが…って事でLINEを交換してやり取りを始め、そこからは世間話も交えつつデートに誘うタイミングを伺う。他の部署なら、他の部署の方の方が気楽に相談しやすいのでって感じで同じ様に持って行きます」

 

POINT会話から更に一歩アレンジしたバージョンです。単なる会話、自分から誘ったり連絡先を聞くのが難しいなら、仕事の話題をキッカケにするのも良いでしょう。

 

バレンタインデーにチョコをあげる

バレンタインデーにチョコをあげる

「バレンタインデーにチョコをあげたら、お返ししたいからと連絡先を聞かれて、お返し兼ねて食事に誘われデートにと発展していきました」

 

POINT1人の人に渡すと告白しているのと同じ状態になりかねませんが、義理チョコを何人かに渡すのもアリ。相手が自分の事を少し気になっているなら、これをキッカケにし、お礼と言う体でデートに誘ってくれる事があります。

 

ハプニングをチャンスに変える

雨の日に傘をさす

「突然の雨で傘を持っていなかったから、走って駅まで行こうかと思っていたところに、気になる彼が来て、傘無いの?走るのはヒールで危ないし俺は傘いらないから使ってと言われて、後日に傘を返す時、お礼をしたいからとご飯に誘ったら、そこから付き合う事になりました」

「イレギュラーな仕事で残業になった時、ちょっと休憩と思って自販機の所に行ったら彼もいて、残業ですか?お疲れ様ですと声を掛けたら、そこからちょっとした会話に発展して、最終的には彼から、今度終わって飲みに行きませんか?と誘って貰えました」

 

POINTピンチをチャンスに、ハプニングをチャンスに変えましょう。常に出会いを意識し、チャンスだと思えるアンテナを張っておく事で、良いキッカケが見つかります。

関連記事一覧