出会いがない社会人の負け犬人生を劇的に変える方法とは?

出会いがない社会人の負け犬人生を劇的に変える方法とは?

サークルやイベント、飲み会やコンパが多く出会いに溢れていた学生時代とは違い、社会人になると出会いが無いと言うのは本当だったと感じている人は多いと思います。多くの人は朝から夜まで仕事をしており、職場の人間としか顔を合わせない、休みの日は疲れており昼過ぎまで寝て過ごす事が、現実の社会人の生活パターン。

友達の紹介は色々と気を遣うから嫌だったり、合コンも遊びたい男性ばかりで、いいなと思える出会いに恵まれた事が無かったりすると思います。周りの友人たちはどんどん相手を見つけて彼氏彼女を作って、更には結婚していくのに、置いて行かれるばかり。

社会人になればリアルな出会いが無く、彼氏や彼女を作る事ができにくくなるのは本当か?

 

社会人に人気の出会いの場、出会いのキッカケとは?

社会人の出会いの場、出会いのキッカケとは?

社会人の出会いの場、出会いのキッカケをCanCanがアンケート調査していますが、23歳上の調査結果が以下。

1位:職場 26%
2位:SNS・インターネット 17%
3位:学校 15%
4位:友人の紹介 12%
5位:アルバイト先 8%
6位:合コン 5%
その他 17%

最大の出会いの場所、学校が1位じゃ無くなった代わりに職場が1位になっています。その次にネットでの出会いとなっているのが現代らしい。私自身(30代)の出会いの経験や、周りの人の出会いを思い返してみても職場以外だと飲み会、合コン、オフ会、婚活等が主流だったので、時代が変わりネットの出会いがランキングが上がった事以外は同じ傾向です。

 

出会いはあるが出会いと意識しない自分にも問題がある?

出会いはあるが出会いと意識しない自分にも問題がある?

出会いが無い、出会いのキッカケが無いと言っている人の多くは、そのチャンスを無視してしまっている人が多いです。学生時代は待っていてもいくらでも出会いはあったと言う美男、美女でも社会人になると違います。特に回りの多くが彼氏彼女を見つけたり、結婚する20代後半から30代以降に掛けては、自分から積極的に動かないと出会いには発展しません。

社会人の方で友達の紹介とか抜きで恋人作った方、どこで知り合いました?

ネットではこういう質問が多いですが、居酒屋やバーのカウンターで隣になったお客さんと一言話すだけで出会いです。特にバー等は、知らない者同士が隣になって話をする事も多いので、お勧めです。お酒が飲めない人でもOKです。バーの雰囲気が好き、バーテンダーや他のお客さんと話す事が好き等、お酒以外の目的でも沢山のお客さんが着ます。

隣になった方がバーテンダーと会話していたら、勇気を出して会話に参加しましょう。それかバーテンダーに視線を送って会話に入りたそうな顔をすれば、直ぐに話を振ってくれ、隣の人と仲良くなれます。1番良いのはお店の店員さんと仲良くなることです。そうすれば、例えば貴方が女性なら、そのお店のフリーの男性客で合いそうな人を紹介してくれたり、お店で一緒になった時に近づけたりしてくれます。

POINTバーでも居酒屋でも、習い事の教室やサークルやネットの出会いなどでも同様で、貴方がその一歩を踏み出そうとするかどうかで出会いになるかどうかが決まります。

 

出会える場に行っても選り好みが過ぎる

出会える確率の場に行っても選り好みが過ぎる

彼氏彼女が欲しい、出会いが欲しいからとコンパだけじゃなく、街コンに参加したり、相席屋に行ってみても異性から相手にされず出会いが無い人。こういう人は厳しい意見ですが、現実的に考えるべきです。出会いの場所も重要ですが、自分磨きと異性に気に入って貰える様に自分のレベルを上げる事が必要です。

レベルが低いまま結婚相談所に登録しても結果は同じで、いきなりそこだけで異性から注目される事はありません。また、合コン、街コン、相席屋などは、出会いの為に集まっていますが、軽い出会いで、嫌な人は直ぐに候補から省く傾向が強いので向いていません。

そういう人は先述した様に飲食店などでのソフトな会話での出会いや、先に自分の中身を知って貰えるネットの出会いなどが良いでしょう。

その逆で自分自身の評価が高過ぎたり、相手への評価が厳しき選り好みし過ぎる人も出会いの場所を自分から無くしています。相手に興味を持たなくても、先ずは友達になる習慣を付けると出会いの確率は一気に高まります。

その人と付き合う事は無くても、その人が太い幹になって色々な人を紹介してくれる可能性があります。

 

忙しい社会人、出会いが無い社会人はネットの出会いがおすすめ

忙しい社会人、出会いが無い社会人はネットの出会いがおすすめ

ネットの出会いには抵抗があると感じている人は多いと思います。一般的ではない印象、アンダーグラウンドでやらしいお付き合いが多い印象、事件などが多い印象など理由は様々ですが、一昔前と違って出会い系サイトやマッチングアプリの環境は変わっており、それに伴い現代の人々の意識も変わりつつあります。

アニヴェルセルの調査ではネットでの出会いに抵抗が無いと答えた男性は5割超、女性も2割5分とネットでの出会いが主流になってきた事が分かります。米国では結婚したキッカケとしてカップルの出会いの場がネットだった人が3分の1に達しています。

日本でもネットでの出会いや結婚はますます増える傾向だと思います。空いた時間にメッセージのやり取りをし、お互いを知って、連絡先高官し電話で話し、実際に会う。手あたり次第にコンパや街コンに行って疲れるよりも効率的です。

出会いたい人が集まっているし、沢山の候補がいるのでダメだった時のダメージも少ない。実際に私もネットをきっかけに多くの出会いを経験しています。意識調査などからもネットでの出会いがキッカケの1位になるのも近いでしょう。

関連記事一覧