結婚相手と恋人は別!男性が選ぶ時の女性の特徴の違いとは?

結婚相手と恋人は別!男性が選ぶ時の女性の特徴の違いとは?

「結婚相手と恋人は別」そんな言葉をよく聞きますが、男性は結婚相手を選ぶ時に、どういう女性を選んでいるのか。加えて「こいつとは結婚出来ない」と思う女性、どういう事をされると結婚相手としては見れなくなる、恋人どまりになってしまうのか、それぞれの女性の特徴を紹介したいと思います。

女性からみると男性目線の一方的な発言と思い、イラっとする人もいるかもしれませんが、これを理解するだけで、片思いの男性を落とす事が出来たり、結婚に踏み切れない彼氏に結婚を決意させる事も可能になるので、ぜひ参考にして下さい。

男性が結婚相手を選ぶ女性の特徴

男性が結婚相手を選ぶ女性の特徴

■ドキドキが無くなったとしても一緒にいたいと思える女性
■お互いの家族を大切にする女性
■隠し事せず一途に自分を愛してくれる女性
■一緒にいて落ち着く温厚で優しく癒しを感じる女性
■家事が上手な家庭的な女性
■良い母親になってくれそうな女性
■自分と価値観が似ている女性
■心から信頼できる女性

男性が彼女にしたい女性は「一緒にいて楽しい」「タイプで可愛い」「エッチしたい」が主ですが、この子と結婚したいなと思う様な女性は「長く一緒にいても自然体でいられる」「癒しを感じ穏やかに過ごせる」「家庭や子供を安心して任せられる」様な女性です。

それでは逆に、結婚相手にはならない彼女の特徴を見て行きましょう。

 

男性が「こいつとは結婚出来ない」と思う女性の特徴

家事について

料理、調理

料理が下手で覚えようとしない女性

「米の炊き方を教えてあげたら、めんどくさいと一蹴され、コイツとはやっていけなおと思った」「塩辛いなど味付けが濃すぎなので、少し薄味が良いなと言ったらキレられた。この味では上手いどうこうじゃなく体調壊すので、無理だと感じた」

胃袋を掴まれた男性は、その女性を非常に大切にします。下手でも良いけど、せめて努力するくらいは欲しいと思っています。恋人なら外食でも良いですが、結婚相手となると家庭での食事は大切になるので、料理は非常に大切です。

女性から作って貰った食事に気を遣う男性は多く、味に不満があっても文句を言わず食べる男性も多いです。ですので彼氏の好みが分かるまでは「美味しい?」と聞くのではなく、「塩分は濃くなかった?」等、具体的に聞いてあげると良いでしょう。

その際に「ちょっと濃いかな」と言われて、ムカッと表情がなったら、たぶん男性は2度と料理に口出しせず、結婚しようと思う気持ちも無くなっていくので注意して下さい。

 

掃除、洗濯が出来ない女性

「整理整頓や掃除ができず家が汚く不衛生、彼女の家のお風呂に入ったら黒カビや赤カビだらけでドン引き」「部屋の隅はホコリが溜まっており、お布団はカビ臭いのを上から消臭剤で誤魔化している」

洗濯ものを畳んでしまわず、放置している人も結構いますね。そういうのを見ると男性はガッカリしています。逆に洗濯ノウハウを沢山持っていたり、丁寧に畳んでしまってあったり、アイロンを綺麗にかけていたりすると、かなりポイントは高いです。

 

常識やマナーについて

友達とパーティー

初対面や目上の人へタメ語で話す女性

「上司を紹介したら、なぜかタメ語で話し始めて、上司も俺もドン引きした」「ショップの店員さんに上から物言う感じを見て、こいつは無いなと思った」

日本では年上や初対面の人に対しては、敬語を使う事が当たり前のマナーとなっているので、それが出来ないと非常識な奴だと思われます。逆に非常に良い対応をしてくれると、自慢の彼女になり、自慢の妻にしたいと思います。

 

自分の友達と仲良くしてくれない女性

「友達とは彼女や家族含めて仲良くしているから、それが出来ない人は無理」「毎回、集まりに来なくていいけど、たまには顔出す様にして欲しい」

男同士の友情に、彼女や妻を巻き込んでと言う男性は多いです。そういう付き合いが楽しく思える女性が居れば、思えない女性もいます。しかし、男性はそういう関係を非常に大切にするので、たまには参加して男性の顔を立ててあげるなどはした方が良いでしょう。

 

生活面について

チョコレートアイス

不健康な食生活の女性

「偏食なので、それと一生付き合うとなると食事を楽しめない」「お菓子がメインの食事になっている感じで、子供が産まれたら不安しかない」

たまにお菓子しか食べない人もいますね。こういう人って、子供が産まれたら、どういう食事を作るのかと心配になります。栄養が偏って髪や肌も汚くなるので、そういうマイナスがある事も覚えておきましょう。

 

何かとルーズな女性

「メイクしたまま寝ないで欲しい」「時間にルーズで遅刻が多いし、遅刻すると分かっていても直前にしか連絡入れて来ないとか、結婚はできない」

ルーズでだらしがない女性はとにかく嫌われます。疲れてメイクしたまま寝てしまう事はありますが、何度も繰り返していると、男性からは「またか」と思われ、貴方を見る目が段々と冷めていきます。

 

男女関係について

男女関係

浮気性の女性

「僕が好きになって奪ったが、正直、浮気性だと将来に別の男と…と考え結婚は無理」「クラブ遊びしている彼女は遊び好きなんで、彼女どまり」

遊んでいる、浮気経験があると言う女性は、かなりのマイナス評価です。更に、過去の事であっても、そうされる可能性があると思われるので、知られている場合は、彼を一途に愛していると言うのを少し大げさに見せるくらいで良いと思います。

 

恥じらいが無い

「お風呂上りにスッポンポンの裸でうろつくので、女性として見れなくなりました」「ムダ毛処理を目の前でしている姿を見て幻滅した」

この他、生理用品を堂々と置いてあったり、お腹や腕などをポリポリかいていたり、目の前で着替えたり、おならしたり、豪快に鼻をかんだり、理想の女性像から遠いと冷める男性は多いし、恥じらいが無くなった女性を見ると、女性として見れなくなり性的興奮が減少します。

 

感情について

怒る女性

言動がキツイ、謝らない女性

「何かあればすぐに怒ったり、キツイ言い方をすると苦しい」「明らかに彼女が悪いのに謝らないから喧嘩になる。冷静に話し合いも出来ないし、こんな感じで結婚生活が続くのは無理」

長い時間を共に歩む事になるので、キツイ性格の女性は結婚相手には選ばれない事が多いです。美人で上から目線の女性は、Hするなら良いけど、結婚相手にはならないと男性は良く言います。

 

精神的に落ち込む事が多い女性

「仕事で疲れて帰って来て、家でも気を遣いまくるのは辛い」「浮き沈みが激しいと、精神的に子供に見えるので、大人同士で長く良い関係をと考えられなくなる」

男性より女性の方が、精神的に不安定で浮き沈みが多いとされるので、男性はある程度は許容してくれますが、度が過ぎると、流石に愛想を付かされます。逆に自立しシッカリ安定した感じの人は、大人の女性として安心感も沸くので、結婚相手に選ばれやすいです。

 

文句ばかり言う女性

「トイレの便座は必ず下げておかないと怒られる」「食べたら食器は直ぐに洗って等、毎日指摘や文句ばかりで疲れます」

神経質なタイプの女性が、無頓着な男性と付き合うと多いパターンです。譲る所は譲り、譲れない所だけをと言う感じにするのが良いでしょう。その際も指摘するのではなく、お願いすると言う形が良いと思います。

 

自己中でわがまま

「常に自分の事しか考えていないので、この人は彼女どまり、結婚しても自分は幸せになれないと思う」「常に自分の都合がありきで、俺が予定があると言うと文句を言われる」

お互いの事を尊重し合える関係にならないと結婚生活は続きません。自分の事を押し通したいなら、彼氏を上手く掌で転がし、上手にお願いする形で通すのが良いですが、これはかなり難しいと思います。自己中過ぎると同性でも付き合いは無理となるので、気を付けましょう。

 

過度な束縛をする女性

「家を出てから帰ってくるまでの行動を全て言わないと許してくれない」「1日の終わりにスマホチェックされる」

過度な束縛は重たく感じてきます。男友達と遊ぶ事すら制限するような事を言えば、それだけで結婚相手ではなくなるでしょう。しかし適度な束縛は「自分の事を気にしてくれている」「好きだからこそ気になるんだろう」と思ってくれる男性もいるので、彼氏のタイプを見極めましょう。

 

仕事に干渉して来る女性

「前もって出張だって言ってあったのに、その日に会いたい等言われても…」「仕事の付き合いに全く理解が無い」「聞いても無いのにアドバイスしてくる」

男性は仕事の事に関して、何か言われるのは嫌だと言う人はとにかく多いので、仕事に干渉する事は止めた方が良いでしょう。

 

過度な寂しがり屋やかまってちゃんな女性

「1人の時間が必要なタイプなので、そういう時間が持てないのは辛い」「たった2時間のサッカーの試合すら見せて貰えないと、面倒に感じます」

仕事を頑張っても応援するのではなく、寂しいと文句ばかり、日本代表の試合があるから観戦しようとすると、私はサッカーのルール分からないからつまらないと文句ばかり。適度なかまってちゃんは可愛いが、過度なかまってちゃんは本当に面倒に感じる男性は多いです。

 

被害妄想が激しい女性

「疲れて早く寝たからLINE返信できなかっただけなのに、浮気を疑ってくるとか、更に疲れが溜まります」「既読した瞬間に返信できない状態になる事もあるのに、直ぐに返信入れない事にクドクド文句言われる」

総じてネガティブ思考な女性だと思います。なんでも悪いように取るので、男性に対して厳しくなり易く、男性が優しさで言ってくれた事を自分に対して文句を言っていると捉える事も。毎回、こういう事が続けば、流石に「もう、いいや」となります。

 

子供が嫌いな女性

「自分は子供が欲しいので、子供が嫌いな女性とは結婚は出来ません」「子供は産まなくても良いけど、子供嫌いはなんか人としてダメな気がする」

大人になれば弱者である子供を守ろう、優しく接そうと言う気持ちは自然と湧いてきますが、それが無いと精神面が不安に感じる人は多い様です。それから子供が欲しい男性にとっては、明らかに結婚に求める事が違うので、結婚対象にはなりません。

 

答えるのに困る質問をする女性

「仕事と私、どっちが大切なの?」「男友達と私、どっちが大切なの?」「家族と私、どっちが大切なの?」

そもそも秤に掛ける事自体が間違いな質問などをすると、重たく感じてきます。究極の2択の様な質問をすると、ただ困らせるだけで面倒です。

 

 

お金について

お金

浪費癖がありお金にルーズな女性

「貯金もせず給料全て使うようなタイプだと、結婚しても全て使われそう」「浪費での借金がある人は、将来的に必要な家計まで使い込みそうで怖い」

何でもカード払いしリボ払いにして借金している、ランチはいつも1000円以上のお店に平気で行く等、お金にルーズな女性は、男性はかなり敬遠します。可愛い子なら彼女として横に置くのは良いけど、家計を共にする結婚相手にするのは先ず無理だと考えられるでしょう。

 

夫の収入で生きていく気が満々な女性

「専業主婦でも良いけど、いざと言う時は自分も働くからと言う意志くらいは見せて欲しい」「自分と結婚するのは仕事をやりたくないからに思える」

女性が「私は家事をやる為に結婚するんじゃない」と怒る人が多いのと同じです。最初から働く気が全くない様なタイプは、昔はそれでも良かったけど、現代では結婚相手にならないと言う男性が大多数です。

 

理想について

女性の理想

男性の年収の理想が高い

「年収600万にはなってねって言われても、うちの会社は管理職でも500万円台なんですが…」「世帯年収1000万にはしようね!と言われたが、彼女は年収240万だから、俺に後を稼げと言う事か?」

なかなか給料が上がらない時代、彼氏の年代の平均年収や、業種での平均年収を知ってから発言しないと、それだけで「俺じゃ無理です」と冷められます。稼ぐと言う事に責任を負ってしまいやすい男性だからこそ、こういう話題は気を付けるべきです。

 

結婚生活の理想が高い

「結婚式はここでやりたい、子供は何人欲しい、家は一軒家で持ち家、アイランドキッチンが良いなど、俺はそれだけ稼ぐのは無理だから、他を探してくれと思う」

この他にも、年に2回は国内旅行、1回は海外旅行など、理想的な家庭を想像して言ってしまいますが、それは男性にとってはプレッシャーでしかありません。

関連記事一覧