出会い系サイトで出会ったカップルがサイトで出会って10日後に結婚式を挙げ話題に01

出会い系サイトで出会って10日後に結婚したカップルが想像通り破局

出会い系サイトで出会ったイギリスに住むカップルが、初デートの翌日に結婚式を挙げた。カップルがサイトで出会い初デートを行ったのが9日後、結婚式は10日後と言うスピード結婚と話題になったが、そのカップルが想像通りたった2ヶ月で破局した事が分かった。

出会い系サイトで出会って10日後に結婚

詳しくは上記の記事を見て下さい。抜粋すると、サラ・エドワーズさん(34歳)とポール・エドワーズさん(36歳)は出会い系アプリ「Bumbke(バンブル)」で昨年12月15日に出会い、メッセージで会話し、12月22日に初めて電話で会話した。

彼らは翌日に再び電話で会話し、対面した事が無いにも関わらず結婚する約束をし、結婚式の会場としてラスベガスのベラージオホテルを予約した。クリスマスイブにロンドン・ガトウィック空港で初めて対面したカップルは、結婚式の衣装で飛行機に乗り込み、結婚式を挙げる為にラスベガスへと旅立った。

2人はメッセージ交換の後に、土曜日の夜に2時間半、翌日の日曜日の朝に1時間半、電話で会話をし、日曜日の夜に3時間話をした。その中で「おそらく私達は結婚すべきだ」と話し「ええ、たぶん私達はすべきだ」と答え、お互いに「最初のデートで結婚したら、なんて素晴らしい事だろうか」と考えを話したそうだ。そして月曜日の朝、最初に会話を始めて3日後に結婚する事を約束した。

 

出会って10日後に結婚したカップルが想像通り破局

ソース:THE Sun

サラは「一夫一婦制と結婚が全てではなく、最終的な物であると考えていません。ポリアモリーを生きていて、それを愛している」と語った。ポリアモリーとは関与する全てのパートナーの同意の上で、複数のパートナーと性的な関係を持つ生き方です。

ポールはサラと結婚後、サラの家に移り住んだが、そこにはサラの元夫が2人住んでおり、4人での共同生活になっていた。

その生活をサラは「ポールは元夫の1人に非常に嫉妬してしまいました。ポールが私がまだ元夫と恋をしていると非難しました。」と、元夫との同居の状況に耐え切れず束縛が激しくなっていった事を明かした。

その生活に耐え切れなくなったサラが、ポールに出て行って貰い世界が報じた出会いから10日後の結婚のカップルは破局した。その際に関係が良好だった元夫も出ていく事になったそうだ。その元夫が家賃を約6万8千円支払ってくれていたそうで、それが無くなったと嘆いている。

今は自由恋愛を楽しんでおり「29歳と27歳の若い彼がいる」と話す。相手男性は大人のおもちゃ愛好家で、フェチセックス愛好家らだそうだ。

一方のポールは、現在は無職で金銭的に余裕が無く、約12万円の結婚指輪の返却、サラの友達の車の修理代約7万円、これまでのメディアへの出演料の半額をサラに要求している。

出会い系で無くても、即断即決の結婚は相手を知らないまま結婚するので破局を迎えやすい。今回は男性側には金の問題、女性側には性の問題があった様で、少し付き合えば直ぐに分かる事だっただけに、どういう出会いでも相手を見極める時間と言うのは非常に大切だと感じる。

関連記事一覧