40代、50代独身で寂しい…孤独感を感じ誰かと話したい時の話し相手の作り方とは?

40代、50代独身で寂しい…孤独感を感じ誰かと話したい時の話し相手の作り方とは?

40代、50代以降になると多くの人が孤独を感じている

休日のふとした時、のんびりしている夜などに寂しいと孤独感を感じる事はありませんか?人生長く生きていると、時として耐えられない様な孤独感に圧し潰されそうになる瞬間は誰しもあります。

既存の友達は家庭や仕事に忙しく気楽に遊べない。信じていた人に裏切られ人間不信になったり、妻や夫との冷え切った関係や離婚、家族との死別、子供の独り立ち、ペットロスなどで、特に高齢者が多いですが、40代、50代になると孤独感を感じる人は多くなる様です。地位、名誉、お金がある人や、独り身でも強く平気そうに生きている人に見えても、実際は話の合う仲間や、気心知れた友達もおらず、孤独を感じています。

 

孤独を感じる生活を送っている人の病気や死亡リスク

孤独を感じる生活を送っている人の病気や死亡リスク

ソース:東京都健康長寿医療センター研究所

平成30年7月27日に発表された資料で、独立行政法人「東京都健康長寿医療センター研究所」の藤原佳典研究部長の研究グループは、日常の生活に問題のない健康な高齢者であっても、社会的な孤立と閉じこもり傾向が重積している者では6年後の死亡率が、どちらも該当しない者に比べて2.2倍高まる事を明らかにしました。

資料の表を見ると、死亡リスクを上げるのは閉じこもり傾向、それから孤独な状態と言う事が分かります。

 

友達の有無での生きがい度と、生きがいを感じる瞬間とは?

友達の有無での生きがい度と、生きがいを感じる瞬間とは?01

ソース:内閣府「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査」

全国60歳以上を対象に調査した結果ですが、40代、50代で孤独を感じているなら、この調査結果の様に生きがいを感じない人生になる可能性があるので注意が必要です。調査結果を見ると親しいご近所さんや、友達がいる人らが生きがいを十分に感じている一方で、友達がいない人は殆どの人が生きがいを感じていない事が分かります。

友達の有無での生きがい度と、生きがいを感じる瞬間とは?02

こちらの調査結果を見ると、世界的には生きがいを感じる時は「子供や孫など家族との団らん時」、「友達や知人と食事、雑談をしている時」、「若い世代と交流している時」と言う結果が出ています。家族との団らんや若い世代との交流には食事や雑談も含まれるでしょうから、いかにそういう事が人生を生きる上で喜びになっているかと言う事が分かります。

POINT手っ取り早く孤独感を解消する方法としては、食事友達、飲み友達、お喋り友達を作れば良いと言う事が分かります。心から信頼出来る人じゃなくても良いんです。気楽な会話、何気ない会話が出来る友達が出来れば、この先の人生は変わってきます。

確かに、気が滅入っている時や、数日間誰とも会話していない時などは、どんどん気が沈みます。しかし、そういう時に誰かと気楽にお喋りするだけでも気分は良くなるものです。会話が1番良いでしょうけど、誰かと気楽なメッセージのやり取りをしコミュニケーションを取るだけでも気分は違ってきます。

ですので、趣味に没頭する等の1人でやる孤独感を紛らわせる方法では無く、ちゃんとお喋り出来る友達を作る方法を紹介します。

40代、50代以降の独身が誰かと話したい時の解消法とは?

40代、50代以降の独身が誰かと話したい時の解消法とは?

20代や30代なら、まだまだ気楽に新しい友達も作れる歳ですが、50代以降になるとどうやって友達を作れば良いか分からないと言う人が多い。今回は、そんな50代独身の方に気楽なお友達の作り方を紹介します。実は寂しいと孤独感を感じている人は多いので、実際にそういう人達同士が出会っている方法です。今までの友達も大切ですが、お互いの状況に合った新しい友達を作ると人生は楽しい物に変わります。

ぜひ、何か1つでも良いので以下の方法を試してみて下さい。

 

カウンター席がある飲食店で出会う

カウンターがある飲食店で出会う

カウンター席があり1人で入り易い飲食店には出会いが多くあります。大きな店舗の飲食店や、チェーン店の様なお店は向いていませんが、小規模だけど気楽に入れそうなカウンター席のある居酒屋さん等には必ず同じ様な1人客は多く来ています。

隣に座れば自然と会話が始まるし、会話が始まれば友達に発展するかもしれません。知らない者同士、相手が警戒する可能性があるので次回会う約束をする時も「またここで一緒に飲みましょう」と同じお店で会う約束をすれば、知った場所なので警戒感も緩く次回の約束はし易いです。

初回でかなり仲良くなったなら、相手の趣味や好きな食べ物などを聞き出し、それに合った場所に誘ってみるのも良いでしょう。

特にお勧めなのはバーです。バーはお酒を楽しむ場所と言うイメージが強く、敷居が高く感じている人も多いと思います。確かに敷居が高いバーもありますが、多くは気楽に飲んだり、お客さん同士が会話したりしています。バーに来るお客さんの多くは、お酒と会話を求めてやってきます。だからこそ、誰でも自然と会話出来る場所でもあります。お酒が弱い、殆ど飲めない人も多く来るので、1杯頼んでチョビチョビ飲みながら、お喋りすると言うのも全く問題ありません。

POINT自分から話し掛けるのが苦手な人でも、バーに1人で行けば必ずバーテンダーが話し掛けてくれます。それをきっかけにバーテンダーと仲良くなれば、そのお店に通いやすくなるし、そのバーテンダーを仲介にして色々なお客さんと仲良くなっていけます。大切なのは、会話に必ず食いつく事!でも前のめりになり過ぎず、店の雰囲気に合わせたり、他のお客さんの迷惑にならない様なマナーは大切です。また、ほったらかしにする様なバーテンダーのお店だったら、別のお店に移動しましょう。

 

ペットを飼う

ペットを飼う

ペットが好きな人なら、犬や猫など散歩が一緒に出来るペットにすると、お喋り友達が出来たり、良い出会いが有ったりします。

例えば犬を飼って毎日近くの公園などを散歩させていたら、同じ様な人を見かける事が多いと思います。何度も顔を合わせている内に、挨拶したり、お互いの犬がじゃれ合ったりをキッカケに会話をしたりと発展する事は多々あります。犬好き同士、共通の会話もあり話の話題に困る事は無いでしょう。

同じ場所を散歩させているなら住まいも近く、同じ時間帯の散歩が多いなら生活リズムが似ている可能性も高いので、仲良くなったら食事やお酒などを一緒に楽しむ事も出来ます。

POINT散歩中の会話ではなかなか発展出来ないと言う場合はドッグランがお勧めです。それなら心配なく犬同士仲良く遊ばせつつ、こちらは楽しい会話で盛り上がる事が出来ます。ドッグカフェを始め、犬同伴OKの飲食店などでも同様に仲良くなれるチャンスは多いので、お勧めです。

 

ボランティアに参加する

ボランティアに参加する

何らかのお独り様イベント等に参加出来るなら良いですが、この記事を見ている人にはハードルが高いでしょう。しかし、清掃活動などのボランティアなら出来るのでは?ボランティアに参加しているだけあって、奉仕の精神があり優しい人が多いので、気楽に会話出来る友達が作り易いです。

POINT出会いや、お喋り友達への発展と考えるなら、出来れば住まいの近くのボランティアに参加した方が関係は発展しやすいです。

 

ネットで話し相手やお喋り友達を作る

ネットで話し相手やお喋り友達を作る

40代や50代以上の方はネットでの出会いと言うと、いかがわしい出会い、後ろめたい出会いと捉える人がいますが、現代ではネットでの出会いは主流です。20代や30代ではネットでの出会いに肯定的な人は多く、実際に多くの出会いを作っています。私が出会い系サイトの運営会社にいた時のデータを見ると、若者が主流に思える出会い系ですが、40代以降の男女も多くが出会っており、60代でも男女共に活発に出会いを求めマッチングしていました。

何より、空いた時間に自宅にいる状態でも仲良くなっていける事、お互いの顔を見ずに中身から仲良くなっていける事、関係を発展させる事を断り易い事などから、現代の出会いには必須のツールになりつつあります。

メル友的な気楽なメッセージのやり取りをしたい人や、そこから一歩進んで電話でお喋り出来る関係になりたい人など、様々な希望がお互いにあるので、お互いの希望に合った人を見つけやすいのもネットの良い点です。

ネットの出会いではインスタグラム・ツイッター・フェイスブック等の「SNS」、ゲーム好きが集まる「オンラインゲーム(ソーシャルゲーム)」、同じ趣味の人同士が集まり繋がる「オンラインサークルやコミュニティ」、出会いが欲しい人等が集まる「出会い系サイト(マッチングアプリ)」等があります。

POINT出会いや友達を見つけるならやはり「出会い系サイト(マッチングアプリ)」が1番効率が良いです。ここには同じように寂しい孤独感を感じている人が多く集まっていて、お喋りしたい、誰かと遊びたい、一緒にご飯やお酒に行ける人を見つけたいと言う人ばかりです。SNSやゲームから出会いに発展する事はありますが、殆どは出会いの為にやっていないので効率が悪いし、出会い厨として迷惑な存在になってしまう事もあるので注意が必要です。

お喋りしたいならサクラがいない優良出会い系で、メル友希望の人や、電話友達希望の人を探して、先ずはサイト内で10通程度喋って仲良くなりお互いが良いなら連絡先を交換と言う感じでOKでしょう。そこから実際に会って、食事を楽しみながら会話する友達になるのも良いですし、それ以上の関係に発展していくのも良いでしょう宇。

関連記事一覧