出会い系やマッチングアプリで出会った人と金銭の授受があれば売春になる?

出会い系やマッチングアプリで出会った人と金銭の授受があれば売春になる?

出会い系サイトやマッチングアプリでは、割り切った関係や、パパ活、援交、愛人など、金銭を含めたお付き合いを匂わせる言葉も使われていたりします。表向きは普通の出会い募集としていたが、相手がそういう関係を希望したのでOKしたら、売春になって違法行為で逮捕されるのか心配だと言う人もいると思います。実際に出会い系の運営にいた観点から解説します。

金銭の授受と体の関係があれば違法・売春になるのか?

売春防止法、児童買春・児童ポルノ処罰法、出会い系サイト規正法、都道府県の条例などが対象となると思います。私が運営に関わっていた頃に、運営会社の顧問弁護士に色々と聞いた結果が以下でした。(あくまで、その当時の話なので、不安を感じる人はご自身で弁護士に相談すべきです)

売春防止法が禁止しているのは、管理売春を行っている管理人に対してだそうで、個人的に行った事に対して取り締まる法律じゃ無いそうです。何が問題で逮捕されたりするのかと言うと、相手が18歳未満の場合です。この場合は出会い系サイト規制法は勿論、その他の法律や条例にも抵触するとされています。

18歳未満と出会う事は禁止されているので、売春じゃ無くても問題になるので、相手が18歳未満かもと思える場合は会うのは拒否しましょう。18歳未満との出会いを希望している内容を掲示板に書き込むだけでも罰せられます。

 

出会い系サイトやマッチングアプリ側の対策とは?

金銭の授受と体の関係があれば違法・売春になるのか?

出会い系サイトやマッチングアプリの運営側としても、出会い系サイト規制法で規制されています。18歳未満が利用出来ない事を明示する事、登録したユーザーが18歳未満で無い事を確認する事は義務付けられているので、まともなサイトでは年齢確認が行われます。

ソース:警視庁

インターネット異性紹介事業者は、事業を行う中で「禁止誘引行為」(児童を異性交際の相手方となるように誘う書き込み、大人に対し児童との異性交際の相手方となるように誘う書き込み)が行われていることを知ったときに、速やかに、その禁止誘引行為に関する情報を削除するなど、他の利用者がその情報を閲覧することができないようにするための措置をとることが義務づけられました。

(注意)改正法の施行により、「性交等」や「対償の供与」を含まない書き込みについても禁止誘引行為に当たることになります。

ここにハッキリ書かれていますが、それらの書き込みを削除する義務もあります。メッセージ内容は通信の秘密で個人情報として守られているので削除出来ませんが、誰からも見える掲示板やプロフィールなどに書いているとまともなサイトなら削除されます。

そういう行為を繰り返すユーザーは、悪質ユーザーと見られIDを抹消されます。

関連記事一覧