恋愛・婚活ノウハウ

婚活中の女性は必見!結婚を決断してくれやすい男性の特徴

プロポーズする男性

長く付き合っているけど結婚を決断してくれずに、結局30代になって別れて、タイムリミットがなく焦っている。こういう女性は結構多いですが、そうならない為に、婚活中の女性には知っておいて欲しい、結婚を決断してくれやすい男性の特徴を紹介します。

適齢期なのに結婚を決断してくれない男性は多い

こんな感じで世の中の男性には結婚が決断できない人が多い。私の女友達も、10年以上付き合った上で彼氏が決断しないから別れて、30代中盤になっていきなり婚活を必死に頑張らないといけない状態になりました。

それまでは30前半で結婚して、中盤までには出産してという計画があった様ですが、それも見直しに。ある程度の期間は付き合わないと、結婚に踏み切れないというのは男女共に多いですが、長く付き合えば良いというものでもない。

では、結婚を決断しやすい男性とは、どういう特徴を持っているのか?

婚活中の女性は、せっかく出会い付き合い始めても、結婚できないのでは目的を達成できないので、この特徴をシッカリと把握しておきましょう。

 

結婚を決断してくれやすい男性の特徴

意志が強く計画性があるタイプ

経営者の様な男性に多いタイプですが、先を見通した上で、自分の意志を強く貫くタイプ。頑固で自己中に見える時もありますが、その考えに当てはまるなら、計画を素早く練り、行動に移すのも早いです。実行力があるので、このタイプは真面目なお付き合いをすると、結婚は達成すべき1つの目標となるので、シッカリ計画を遂行してくれます。

見分け方としては、会話をしていて自分の考えをハッキリ言うタイプが、これに当てはまり易い

婚活で相手が見つからず焦ると、「優柔不断で決断力が無い男性でも良いから、そういう男性なら私が押し切れば良いから」と思いがちですが、こういうタイプと付き合ってしまうと、いつまでもウダウダとしてしまいます。

 

約束を守る、約束を守らせようとするタイプ

こちらも計画性がある上、相手に誠実に接するタイプであり、相手からも誠実に接して欲しいと思っているタイプなので、真面目なお付き合いをすると結婚と言う事を意識して、きちんと付き合うタイプが多い。

見分け方としては、待ち合わせなど約束事において相手へシビアで、自分へは尚更シビアな傾向があります

きつそうに見えますが、そういう常識やマナーをシッカリ心得ておけば、他には煩くない人も多いです。そもそも社会人としてあるべき姿なので、これで相手がきつそうだと思っているなら、良い人は見つからないかも。

逆に約束事にルーズなタイプは、自分に甘いタイプなので、結婚どころか浮気しまくりなんて人も多いです。

 

押しに弱いタイプ

一見、優柔不断の様に見えますが、実際にはそうではなく意志はシッカリ持っています。ただ、自分の意見をごり押しするのは苦手なタイプなので、相手の意見を尊重します。優柔不断タイプは相手の意見も尊重できないので、ここが大きな違いです。

見分け方としては、女性から積極的にアプローチし押し切れるタイプ

ただし、ヤリモクや優柔不断タイプを捕まえてしまう事もあるので、それを避ける為に、簡単に体を許さない事が大切です。また、優柔不断タイプを避けるには「結婚を前提にお付き合い」と言う事を強調して、交際を始めましょう。これを入れておけば、結婚しようと言う時も押し切れます。

 

家族を大切にしている、家庭の温かさに憧れているタイプ

家族を大切にしている場合、自分の家庭を持つ事を強く願うタイプが多いので、結婚に踏み切れる男性は多いです。また、小さい頃は親が仕事ばかりで家に殆どいなかったり、両親が離婚していたり、一般的に殆どの人は味わってきたであろう普通の幸せというものが少なかったタイプは、自分は家庭を持つのに向いていないと感じる人もいますが、家庭の温かさに憧れており、非常に大切にする人も多いです。

見分け方としては、家族の話をよくしたり、結婚や家庭に対する前向きな発言が多いタイプ

結婚という事を意識しやすい話題なので、こういう話題が出てこない、話題を振っても広げようとしないタイプは、結婚から遠いタイプです。

 

仲の良い友達に結婚している人が多く、家庭を大切にしている人が多いタイプ

仲の良い友達が結婚していると、男同士の普段の会話で家庭や子供の話になったりするので、結婚に対して非常に身近に感じます。家族の温かさ、幸せな感じを見るので、自分も結婚したいという気持ちを持つ人が多い。

見分け方としては、周りの友達を観察し、これに当てはまるタイプ

実際に友達を見れない場合は、どういう感じの友達が多いのか探りを入れてみると良いでしょう。逆に周りの友達は独身ばかりで一緒に遊んでばかりという感じでは、まだまだ男友達と一緒に遊んでいた方が楽しいと思うので、家庭を持つ意識は薄い可能性が高いです。

 

服装が年齢相応なタイプ

身の回りの物、身に付ける物などは歳を重ねる毎に段々と変わっていきます。そうやって、実年齢に対して、年齢相応な服装をしているタイプは、その年齢相応な考え方を持っているので、結婚適齢期以上の男性なら、真面目なお付き合いをすれば結婚と言う事を意識してお付き合いします。

見分け方としては、お洒落、ダサいではなく、年齢相応な服装をしているタイプ

30代になったのに、20代そこそこの恰好をしているとか、とにかく流行りの恰好をしているタイプは、まだまだ自分は若く遊びたいと思っている事が多いので注意が必要です。シンプルな服装や、サラッとジャケットを着こなすなど、大人の男性と分かる恰好なら良いかも。

 

なかなか手を出してこないタイプ

気になる男性がいて、相手も少しは好意を持ってそうだけど、デートに誘うのはいつも自分からだし、ちょっと隙を見せても手を出してこようともしないタイプは、実は真面目に相手の事を考えており、慎重に事を運ぼうとしている可能性があります。そういうタイプは付き合う前から、きちんと付き合えば結婚へと考えている事が多いです。

見分け方としては、好意は感じる上で、それなりの反応はあるタイプ

誘ったら大抵はOKしてくれるし、LINEのメッセージなども気遣ってくれる優しさがある。恋愛話をしたり、暗に自分の事をどう思っているのかを聞くと、「好きだよ!」とハッキリ言わないまでも、それなりの反応はある。相手も見極め中という場合もあるし、相手が真剣に思っているからこそ凄く慎重に事を運ぼうとしている可能性があります。

 

心配性で責任感が強いタイプ

心配性で責任感が強いタイプは「自分の稼ぎだけでやっていける様にしないといけない」「結婚指輪はそれなりの物が必要だろう」「結婚式は必ず挙げないといけないだろう」「家族に会っても自分では良い顔をして貰えないのでは?」「自分の家族はいない、もしくは崩壊しているので、自分と結婚しても相手は幸せなのか?」「経営者として社員や取引先との関係もあるし、そういう部分を理解して貰えるだろうか?」なんて様々な事を理由に踏み切れない男性も結構いますが、結婚願望はある人は多いです。

見分け方としては「自分は結婚に向いていないかも」と言うタイプ

「結婚願望は無い」「向いていない」と言うのではなく、「向いていないかも」と言う人は、実は結婚したいけど、相手は自分を受け入れてくれるだろうかと思っています。なので、相手が結婚にあたって、どういう事に対して心配があるのか、不安を感じているのかを率直に聞きましょう。そこをクリアできる女性となら、直ぐに結婚を決断できる男性も少なくありません。

例えば「両親は亡くなってるし、親戚づきあいも無いし、結婚式はなるべくしたくない」と言う男性に対して、「結婚式なんてしなくて良いよ」と思える女性は多いと思います。

「大した事じゃないし、そんな事を言えずにうだうだなっていたの?」と思うでしょうけど、真剣だからこそそうやって考え込んでしまいます。ですので、こういう男性かもと思ったら、相手が何を考えているのかをシッカリ聞いて、安心させてあげましょう。

真面目な恋愛におすすめのアプリランキング
婚活サイト・婚活アプリおすすめランキングバナー

結婚したいから婚活を頑張ろうと思っている人におすすめ!真面目にお付き合いできる人が集まる婚活アプリ・マッチングアプリをランキング形式で紹介しています。

ランキングはこちら