堀尾正明に不倫報道!50代モデルと出会いの場は「陶芸教室」

堀尾正明に不倫報道!50代モデルと出会いの場は「陶芸教室」

元NHKアナウンサー、現フリーアナウンサーとして「誰だって波瀾爆笑」「ビビット」等で司会を務める堀尾正明に不倫疑報道。50代モデル女性の自宅にお泊りを繰り返していた。出会いの場となったキッカケは「陶芸教室」だった。堀尾正明しの謝罪全文と、趣味の出会いについて紹介します。

堀尾正明に不倫報道

週刊新潮で既婚者である堀尾正明が、50代モデル女性と親密な関係をスクープされた。これまでに何度も女性の自宅に泊まっていたと掲載され、不倫関係にあるのではと報道された。

出演するビビットで、かつて今井絵理子議員の不倫騒動の際には「恋愛と勉強会は本当に分けて欲しい。自分かは良しとしても周りから見たら確実にコレ怪しいなと思われる、だから何でそれをするのかなって気持ち」と批判的に語っていた。

相手の女性は過去にテレビCMにも出演した事がある50代の美人モデルで、小学生の息子2人を育てるシングルマザー。記事によると相手家族と仲睦まじくバドミントンを楽しんだ後、女性家族と釣り堀居酒屋で夕食を食べ、女性の自宅に戻り泊まったとされる。堀尾は6月に入って4回、女性の自宅に泊まったとされるが「4泊とも別の部屋に寝ていた。泊まっただけで何も疚しい事は無い」と釈明。

ビビットが取材した際に女性は「恋愛感情は全くないです。年齢が14個上なんで、おじいちゃんと呼んでいました。自宅で家族の相談に乗って貰っていたんです」とした。

 

堀尾正明謝罪全文

出演するビビットの生放送で謝罪し釈明した全文は以下。

「この度はこの報道によって自分の行動が多くの人を傷つけて、ご迷惑をかけ、誤解を生じ、許容範囲を超えた行動をしたと反省しております。視聴者の方に不快な気持ちをさせてしまい言葉もありません。申し訳ありませんでした」

「女性の家族にある事情があって、人脈とかを通じて色んなルートでサポートをさせて頂きたいと思って、ご家族に入り込んだと言う形です」と謝罪した。

 

堀尾正明の妻のコメント

ビビットでは堀尾正明の別居中の妻のコメントも紹介した。

「この度は色々とお騒がせしてしまい、大変申し訳御座いません」

「記事にあるお相手ご家族とのお付き合いの事はすでに聞き及んでいた事ではありますが、私どもの作ってきた60代を迎えた夫婦の形、家族の形と言う物が結果的にこの様な状態を生んでしまったのだと反省する機会を頂きました」

「彼が困っている人を放っておけないのは出会ったときからで、これまでも人助けはいくつかありました。心優しい懐の深いところが彼の一番の魅力だと思っています」

と、堀尾をかばう姿勢を見せた。妻との別居の理由は「2年半くらい前から。私が朝の早い仕事をしている。奥さんが色々なライフスタイルを持っている、お互いの親の介護などありまして」と説明し、現在も2~3ヶ月に1度は会い、メールで連絡を取り合っているとした。

 

堀尾正明が50代美人モデルとの出会いの場、キッカケは「陶芸教室」

女性によると、堀尾と出会ったのは半年前に陶芸教室で出会ったそうだ。

陶芸教室って山奥にあって、高齢者ばかりが来ているイメージを持っている人もいますが、街中にあり幅広い年齢層が受講しています。特に平日の夕方以降は仕事帰りの会社員が多く、女性が多く通っています。そういう人は独身フリーの人が多いので、フリー同士仲良くなれる場所です。

陶芸が好きな人同士、焼き物を楽しみに陶芸の里に出掛けたり、陶芸品の展示会を楽しんだり、美術館で陶芸関連のイベントがあれば行ったりと、結構色々とデートに誘える事は多いです。

ネットでの出会いが主流ではありますが、趣味でも様々な出会いが作れるので、気になる人は以下の記事を参考に、自分に合う趣味を見つけてみて下さい。

関連記事一覧