「同棲する?」休みが合わない彼氏や彼女とのベストな会い方とは?

「同棲する?」休みが合わない彼氏や彼女とのベストな会い方とは?

大好きで付き合い始めた彼氏や彼女と休みが合わない。自分はシフト制で土日は休みがとりずらい、相手は土日祝日が休み。月に1度は休みを合わせてデートを楽しんでいるが、遠距離でもないのに中々会えず寂しい。同じ様な人たちはどうやって会っているかを調査しました。

休日が合わない彼氏、彼女がいるけど、現在も楽しく付き合っているカップルや、結婚したカップルが、どういう会い方をしていたか、ぜひ参考にして下さい。

休みが合わない彼氏や彼女とのベストな会い方とは?

同棲、半同棲した

同棲、半同棲した

ネットを調査してみると圧倒的に多かったのが「同棲、半同棲」でした。休みが合わないから会えないのなら、他の時間を沢山共有出来る様に、一緒に住めば問題解決です。特に同棲したカップルは、その後に結婚まで発展している事が多い様でした。

半同棲は、多くは女性が男性のお家へ行くパターン。彼が休み前か、自分が休み前に泊まりに行き、翌日の朝は自分が会社なら彼の家から出社する。自分が休みなら彼を送り出した後に、彼の家でのんびり過ごすか、街に出るかして、夜ご飯はまた一緒に食べて、食べた後に自分のお家に帰ると言うパターンが多かったです。

休みが合わなくて中々一緒に遊びに出掛ける機会が無くても、同棲や半同棲をすれば、顔を見て会話できる時間はタップリ持てるし、食事も一緒に楽しめるので、より結婚を意識した生活を送れるのでプラス面が多い様です。

 

夜に合う様にした

夜

同棲、半同棲の次に多かった答えで、「仕事が終わってキツイけど会いたい!」お互いが、そう思えるなら夜会うのもアリです。最初の内は燃え上がるので、寝る時間も削ってと言う人が多いですが、徐々に疲れるので、週に1~2回は晩御飯だけは一緒に食べよう等と、丁度いい感じに収まってくる様です。

どちらかが休み前の日なら、ちょっと飲みに付き合い、0時までには家に帰ると言うスタンスの人も多かったです。夜の仕事の人、夜勤がある人の場合は、ランチを一緒に食べるなどもある様です。飲食店で働いているなら、そのお店に友達連れて遊びに行くと言う人もかなりいました。

 

連絡をマメに取る

アラフォーカップルの平均的なデートや連絡頻度と結婚に結び付く最適な頻度とは?

会えないのは仕方ないから、その分マメに連絡を取り合うと言うのも手段の1つです。今の時代なら電話で声を聞くだけではなく、スカイプやスマホのテレビ電話機能で顔を見ながらお喋り出来ます。

単純な業務連絡的にならず、楽しい男女の会話、カップルならではの親密な会話などで、愛を確かめあっていれば、会う回数はそんなに大切な事じゃ無いと言う人もボチボチいました。

 

結婚するまで我慢した、結婚した

結婚

休みが合わず距離感が出来て別れたと言う人がいれば、逆にそれなら結婚しようとトントン拍子で話が進んだと言う人も少なく無かったです。途中で同棲を挟む人が圧倒的に多いですが、究極の同棲である結婚も良い選択だと思います。

また、結婚前提に真面目に考えてお付き合いをし始めたカップルは、お互いに結婚するまでは我慢と言い聞かせていたそうです。会う回数が少ない分、デート代などをお互いに貯金に回した結果、スムーズにお金が溜まり、すんなり結婚できたと言う人もいました。

 

有給休暇を使った

有給休暇を使った

最近では国がうるさいので、きちんと有給休暇は消化する様にとしている会社も多くなりました。勤続勤務年数が半年以上で年間10日、6年半以上で20日まで最低でも有給休暇が取れるので、1年に1回の旅行に数日使っても、月に1度ずつくらいはデートに使えます。

彼氏が1日、彼女が1日使えば、月に2日は休みが合う日を作れるので、有給休暇を使っている人も多いです。今年からは企業に対して義務化されたので、ますます取り易くなるので、この手段は良いと思います。

 

仕事を変えた

仕事を変えた

少数ですが、仕事より彼女、仕事より彼氏と言う人はいて、休日が合わないから仕事を変えたと言う人もいました。これと似た感じですが、結婚前提のお付き合いを始めたから、今回の彼とは将来を見据えて真面目にお付き合いしたいから、婚約したから仕事を変えたと言う人もチラホラ。

仕事を選ぶか、愛を選ぶか、頑張って両立しようとするか、人によって様々ですが、休みが合わないと悩んでいた人は、ぜひ今回の解決方法を参考にしてみて下さい。

関連記事一覧