元モー娘の後藤真希が不倫ドロ沼裁判 夫が元カレで不倫相手を訴える

元モー娘の後藤真希が不倫ドロ沼裁判 婚姻関係が破綻しているケースとは?

元モーニング娘。の後藤真希が不倫をし、夫が元カレで不倫相手を訴える裁判を起こしていると週刊文春が報じている。元カレで不倫相手の男性は、不倫原因として夫が後藤に対してDVを行っていたとし既に婚姻関係が破綻していたとして、権利侵害行為は認められないと主張。不倫現場は袴田吉彦も使ったアパホテルだった。

元モー娘の後藤真希が不倫ドロ沼裁判

ソース:週刊文春

「LOVEマシーン」の大ヒットから20年。二児の母となり、ママドルとして活躍中の後藤真希(33)が、私生活で浮気が夫に露見し、泥沼裁判に突入していることが「週刊文春」の取材で明らかになった。

2014年に結婚した夫・A氏(30)が、後藤の元恋人で不倫相手のB氏(28・独身)を相手取り、330万円の損害賠償を請求しているのだ。

小誌取材班はその裁判資料を入手した。後藤本人が署名した陳述書にはこうある。〈2人でタクシーを拾い、Bさんが宿泊していたアパホテルに遊びに行くことになり、その場でBさんと肉体関係を持ちました。(中略)22日の昼と23日の朝の計2回肉体関係を持ってしまいました〉(後藤の陳述書より)

B氏は、後藤が夫からDVを受けていたとし、「既に婚姻関係が破綻していたので、(損害賠償の前提である)権利侵害行為は認められない」と主張している。

現在も裁判は継続中だ。3月11日、夫と一緒に地元マッサージ店から出てきた後藤を直撃したが、記者の質問に対し、「知らないです」を繰り返した。後藤の事務所は「裁判は事実ですが、コメントは控えます」と回答。B氏にも話を聞こうと自宅を訪れたが、家人が不在を告げるのみだった。

裁判資料に基づき、続報・詳細を3月14日発売の週刊文春に掲載するとしている。

不倫で慰謝料を取るには、不貞行為があった事を立証しなければいけない。今回は男性とホテルに宿泊しており、更に文春が掲載している陳述書では後藤真希が肉体関係を持ったとし、不貞行為があった事を認めている。

では、不倫相手が主張する「既に婚姻関係が破綻していた」と言う部分。どういう状態が婚姻関係が破綻していたと判断されるのか様々な法律系サイトをを見てみると以下の様になっています。

 

婚姻関係が破綻していると認められるケースとは?

別居しているかどうか

不貞行為以前に夫婦が別居していた場合には、婚姻関係は破綻していると認められる可能性が高い。

5年以上の別居は離婚を認められる材料になるので、2年以上になると婚姻関係の破綻が認められる事が多く、5年に近づくほど婚姻関係の破綻を更に認められ易くなると考えて良いだろう。家庭内別居など夫婦間の接触が無い場合も、同様に破綻しているとされる。

 

離婚に関する話し合いをしているかどうか

不貞行為以前から夫婦間で離婚に関する話し合いを行っていた場合、既に婚姻関係は破綻していたと認めやすくなる。

一方的に離婚を口に出すのでは無く、夫婦がきちんと協議の場所を持って、両親や親族を交え、具体的な条件などを協議する事が必要。

 

DVがある

DV(ドメスティックバイオレンス)がある場合は婚姻関係が破綻していると認められる場合がある。喧嘩になって、たまたまその時だけ手を出してしまったり、傷にもならない程度で軽く叩かれたりする等はDVにならない。

継続して暴力を振るわれたり、何時間も暴力を振るわれたりする場合に認められる。身体的虐待の中には不衛生、不健康な食事、必要な冷暖房や衣服の制限、必要な医療の制限なども入る。

DVは単に体への暴力だけではなく、生活費や遊興費を制限したり借金癖など経済的な制限や苦しみを与えたり、親族や友人などとの連絡や接触また外出を背減される社会的隔離、行動監視や電話・メールのチェック、無視、蔑む、欠点をあげつらうなど心理的虐待(モラルハラスメント)、性交渉を行わない、逆に強要する、恥辱的な行為を強要、性器や性的能力を侮辱するなどの性的虐待なども入っている。

後藤真希のケースでは、不倫相手の男性の証言ではDVを受けていたとされているが、その後も一緒にマッサージ店に通うなどがあるので、実態はどうなのか分からない。後藤が不倫相手とのLINEのやり取りの中で、夫への不満を爆発させていると文春は掲載しているので、その内容によっては不倫相手の男性が既に婚姻関係は破綻していたと思ってもおかしくないと判断される可能性もある。

明日発売の週刊文春に詳細が掲載されるので、それが注目される。

 

後藤真希が公式ブログで不倫を認め謝罪文を掲載

文春の報道の後に、後藤真希が公式ブログで不倫を認め謝罪文を掲載した。以下が全文。

ソース:後藤真希オフィシャルブログ

この度は、ファンの皆様、関係者の皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしました事を深くお詫び申し上げます。一部週刊誌で報じられている通り昨年、夫とは別の男性と関係がありました。誠に申し訳ございませんでした。私の未熟で軽率な行いにより生涯を誓った夫を深く傷つけ、妻として母として、またこのような立場でありながら自覚が足りず、信頼を裏切る事となりました。後悔の思いとともに深く反省しております。

また、夫よりDVなどを受けていると報じられておりますが、当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやりとりから誤解を招く内容となり、大変反省しております。現在、夫と度重なる話し合いの末、こんな私を許し受け入れてくれ、夫婦として向き合う時間も増えました。

私自身、改めて家族の大切さと、してしまった過ちの重大さを深く感じています。これからは今まで以上に夫婦助け合い、子どもたちや家庭を大事に育み、公私ともに精一杯の努力をして参ります。この度は誠に申し訳御座いませんでした。

不倫を認めると共に、不倫相手に過度な表現で勘違いさせたとあるので、不倫相手の男性がDVだと受け止めても仕方が無いという事でしょう。それなら不倫相手の男性は婚姻関係が破綻していると認識していたと言うのも正当性があるので、損害賠償の支払いは命じられない可能性があります。

関連記事一覧