Facebook(フェイスブック)

Facebookの出会い系「Dating」で出会えるか?日本でのサービス開始時期は?

2018年12月20日、2019年05月04日記事更新

Facebookが出会い系機能をリリース

Facebook(フェイスブック)が出会いをサポートする為の出会い系機能「Dating(デーティング)」が世界に先駆けて2018年9月にコロンビアで開始されました。更に10月にはカナダとタイで開始されました。2019年5月段階で現在5か国で利用可能だが、これを19か国に広げる事が決まっており、2019年内に米国でもリリースされる予定。

フェイスブックデーティングは、別のアプリではなくフェイスブックのメイン機能として利用でき、ユーザーはフェイスブックとは別のデーティング専用プロフィールを作成し、お互いのプロフィールに関心を示した時に連絡が取れる様になる。

今後のアップデートでは、同じイベントに参加している人々が、お互いのデーティング専用プロフィールを見える様にする計画もある。

 

Facebook Dating機能を使っているとバレない?

デーティング機能を使っているとバレない?

この機能のプロフィールは専用プロフィールになりファーストネームしか表示されない上に、他の機能では使われない。友達にも表示される事は無いので、近場で知っている人に出会う確率は低い。

また、デーティング利用データはターゲティング広告に利用される事は無いとされており、デーティング専用プロフィールを削除すると、そこに含まれるデータも削除されるので、もしもの時は一旦削除すれば良い。

この様な機能から、友達に直ぐバレる事は無いと思いますが、マッチングシステムのアルゴリズムは「プロフィール、共通の関心、共通の友人」とされているので、共通の友人を挟んだ相手とは繋がる、表示される可能性があるので、通常の出会い系よりもバレやすいとは思う。友達に仕事関係の人がいれば、その先の人と繋がり面倒になるケースも考えられる。

加えてプライバシー情報などを他社や研究機関に渡していたなど、個人情報の管理には世界的に批判されているので、こういう点も考慮しておきたい。

 

Facebook Dating「Secret Crush(ひみつの恋人候補リスト)」機能を追加

秘密、内緒

Facebookが、毎年開催している開発者向け「カンファレンスF8」で、2018年に開始した出会い機能Facebook Datingの機能強化について発表した。

この機能は、Facebook上で好意がある相手を最大9人までリストに登録できる。相手も同様に自分をリストに加え、Facebook上で両想いになった場合に、両者に通知される機能。自分が相手をリストに登録しただけ(片思い状態)なら、相手に通知は行かず知られる事もありません。両想いになるとマッチングしメッセージ交換が可能になります。

ステータスが結婚している人や、恋人がいる人でも利用できる様なので、不倫を助長するのではと話題になっている。友達はもちろん、妻や恋人の友達とも繋がる可能性があるので、かなり危険な関係を作りそう。またFacebookをチェックされただけで、誰をリストに登録しているかがバレるので、パートナーにチェックされる人が使うとかなり危険です。

 

Facebook Datingと他の出会い系との違いは?

フェイスブックデーティングと他の出会い系との違いは?

大きな点としては無料で使えると言う事。優良出会い系は有料であり、無料出会い系は悪質なので、どうしても有料サイトを使う事になってしまうが、無料でも出会える可能性が得られる。

更に他の出会い系との違いは、フェイスブックの利用者だけあり顔写真が見れる事。更にいきなりの出会いの場になるのではなく。趣味や趣向の合う相手を探しやすい点がある。やり取りは簡素で文字のみで画像やリンク等は送れ無い様になっている。

 

Facebook Datingの危険性

危険人物、業者、サクラ、要注意人物

Facebookアカウントは誰でも簡単に取得できるし、本人確認や年齢認証が無いので、なりすましも直ぐに可能です。国際ロマンス詐欺が話題になりましたが、その多くは出会い系やマッチングアプリではなく、Facebook上でターゲットを見つけ出会う事をチラつかせ、お金を騙し取っていました。

それくらいに出会い系やマッチングアプリ以上に簡単に、出会いになれておらず引っ掛かる人がいるし、それ用のアカウントを用意しやすいと言う事です。貴方に「いいね」やメッセージを入れてきた人をリストに登録してみたら、両想いになったと舞い上がっていたら、詐欺師たちの良いカモです。

更に年齢確認が無いので、年齢を偽って登録するのも簡単です。ですので、ツイッター同様に18歳未満の児童が犯罪に巻き込まれる事が急増する可能性があります。また18歳未満に手を出して犯罪者になる人も増えるでしょう。

 

Facebook Datingは競合他社を駆逐する存在になるか?

競合他社を駆逐する存在になるか?

海外では「Tinder」が有名で利用者も多いので、大きな脅威になると思います。しかし日本では、先ず顔を出して出会いを求める事に抵抗を覚える人が多いのと、そこまでして真面目に出会いたい場合は婚活サービスや婚活サイトを利用する人が多い。

遊びの関係を求める人たちは、更に顔を出して出会いは探さない人が殆どなので、フェイスブックでの出会いが盛り上がるかどうかは微妙な所。

フェイスブックデーティングによってネットで出会う事を目的とする人も増える可能性がある。そうなると複数サイトで出会いを探す人も多いので、他のサイトやアプリにとっても活性化されプラスとなる可能性が高い。

 

日本国内Facebook利用ユーザー数から出会えるか検証

Facebookの性・年齢別ユーザー数(国内)

ソース:ガイアックス2018年3月調査

日本国内でのサービスが開始された場合、出会いは可能なのか検証してみます。先ずは年齢別ユーザー数から見ると、現在の主なユーザー層は40代で男女トータル750万人近くと言う事が分かります。かなり多くの人が利用した事がある事が分かります。

Webサービス利用状況(Facebook)

Facebook利用状況(12月)

ソース:ジャストシステム2017年調査

アクティブユーザーを見ると、日本人の3割近くが利用している事が分かります。ここで重要なのは利用しているが、実際に投稿したり、何かのサービスを使っている人がどれくらいいるかと言う事。このアクティブユーザーの大半は、ログインして他人の投稿などを見るだけという人でしょう。

実際に私のアカウントには400人くらいの友達がおり、数年前まではかなりの人が投稿していたが、現在では10人くらいしか投稿していない。フェイブックのユーザー層を見ても分かる様に、高齢者も多く、既に若者の間では「ダサい」「イケてない」アプリになっており、30代以下では過疎っていると言っても良いだろう。

こういう点からも現段階で中高年同士、40代以上の人には出会いのチャンスはあるかも知れないが、それ以下には厳しいかも知れない。

 

Facebook Datingでの出会いに向いている人とは?

フェイスブックデーティングでの出会いに向いている人とは?

ここまでの検証で向いている人は、「顔出しOKで真面目な出会い希望、年齢は現在40代以上、これまでのフェイスブックのプライバシーの取り扱いには目をつぶれる人」となる。

これに当てはまる人は無料なので、もし日本でもサービスが開始されたら利用してみるのも良いでしょう。私は出会い系にはライトな出会いしか求めていないので、フェイスブック向きでは無いと思っています。同様の人にはかなり勢いよく会員数が伸びているマッチングサイトPCMAXをお勧めします。

 

Facebook Datingの日本サービス開始時期は?

Facebook_Dating(フェイスブック出会い系)

現在の所、フェイスブックデーティングの日本でのサービス開始時期は未定となっています。

出会い系規制法とは?

デーティング機能の部分は単純なSNSとは違い、明らかに出会い機能を持たせた、出会い系になるので日本では出会い系の規制の対象となると思われます。

出会い系サイト(インターネット異性紹介事業)の定義

ソース:警視庁

この法律では、出会い系サイト事業を「インターネット異性紹介事業」と呼んでいます。「インターネット異性紹介事業」とは、以下の4要件をすべて満たす事業をいいます。

1.面識のない異性との交際を希望する者(異性交際希望者といいます。)の求めに応じて、その者の異性交際に関する情報をインターネット上の電子掲示板に掲載するサービスを提供していること。

2.異性交際希望者の異性交際に関する情報を公衆が閲覧できるサービスであること。

3.インターネット上の電子掲示板に掲載された情報を閲覧した異性交際希望者が、その情報を掲載した異性交際希望者と電子メール等を利用して相互に連絡することができるようにするサービスであること。

4.有償、無償を問わず、これらのサービスを反復継続して提供していること。

これら全てに当てはまるサービスになるので、デーティング機能を使うには個々に年齢確認の為に、他の出会い系サイトやアプリと同様に、公的機関が発行した書類などが必要になると思います。これを行わないとツイッター以上の無法地帯になる可能性も秘めています。

フェイスブックは日本法人も開設しているので、日本の法律や規制を無視する事は考えにくいので、この点をクリアしないとサービスをリリースは出来ないでしょう。

関連記事一覧