婚活が上手くいかない男性必見!婚活中に出会って「ガッカリした男」

婚活が上手くいかない男性必見!婚活中に出会って「ガッカリした男」

婚活した事がある女性が体験談として語る、婚活中に出会って「ガッカリした男」とは?結婚したいけど、婚活が失敗ばかりで上手くいかない、女性からお断りされてばかりの男性は必見の内容です。自分で女性がNGを出す行為をやってしまっていないか、チェックしてみましょう。

ガールズちゃんねる「婚活でがっかりしたこと」スレを参考に、女性たちがガッカリした男性を見てみましょう。

婚活中に出会って「ガッカリした男」

服装がガッカリ

「アラフォーにもかかわらず、中学生男子が着てそうなデザインのしわしわのTシャツとパーカーでした。ダサいのはもちろん、TPOのなさにびっくりしました。おしゃれな服がないなら、無難にスーツで来ればいいのに…美容院に行ったり、1週間前から洋服に悩んだりして、おしゃれして行ったのが悲しくなりました。 」

「私は美容院に行ったりマッサージ行ったり、ワンピース着て行ったけど、女性が多くて貴重な男性も何故かオシャレなレストランで、赤いトレーナー着てたりして感覚が違いました」

「ブサ男だし服装なんて気にしない。着心地が良ければそれでいい。そんな独身男が多いこと多いこと。」

「服がダサすぎてびっくりした。お母さんが買ってきてくれた中学生の服装みたいな、チェック柄のネルシャツとダボダボのチノパンだった。しかもその一回だけならと我慢したけど、次の週のデートも上下全く同じ服で来たときは、眩暈がした。表参道の駅での待ち合わせの場所から逃げたくなった。ダサくてもせめて、せめて別の服装で来てください…!」

POINTTPOに合わせた服装をする事は大切です。分からない場合でも、年相応で清潔感ある服装にする事は最低限に心掛けましょう。女性からは「服は付き合った後に選んであげたら良い」と言う意見が幾つもあったので、そういう意見は柔軟に取り入れる姿勢も大切です。

 

ルックスがガッカリ

「歯のない人は無理だな~。」

「写真と実物が全く別人の人たまにいるよね。塩顔の男性だと思ったら、ギョロ目で所々白髪のおじさん来て引いた。」

「ぼやけた写真をプロフィール写真にしている人は注意。日サロで焼いたみたいな色黒をごまかしていたり、目立つ茶髪なのに黒髪に写っていたり、真っ赤な顔のアトピーなのに美肌にしていたり、目の下にだるんだるんなクマあったり、誤魔化している人多い」

「写真では割とイケメンなのに、話したら、歯が真っ黄色で銀歯の歯が何本もあった。30代なのに銀歯が目立つのは引いた。」

「別にイケメンになれとか、10キロ痩せろとかムチャ言ってるんじゃないよ。ジャケット羽織るだけでいいんだから着てよ!ユニクロで3980円で売ってるんだからさ!」

「初めてのお見合いパーティーで歯がボロボロの人がいてその時点で衝撃だったけど、そいつに気に入られて自由に話す時間にずっと付きまとわれた
それ以来行ってないです」

「身長が170センチと言ってたのにどうみても165も足りてない人がいた。サバよみすぎなのは印象悪い。」

POINT生まれ持った物や、努力しても無理な事は仕方ありませんが、歯を入れる、痩せる等は、やろうと思えばやれる事なので、そういう努力は必要です。あと、婚活は結局実物を見られるので、サバ読みや現在の本人とかけ離れた写真などで騙すと印象は最悪です。

 

清潔感が無くガッカリ

「臭くなければ服がダサくても低身長でもデブでハゲでも良い。臭い人が嫌だ。会話する気なくなる。」

POINT男性はお洒落などじゃなくても良いので、清潔感だけは欲しいという女性は多いです。見た目の清潔感と共に、体臭など見えない部分も気を付ける様にしましょう。

 

仕事がガッカリ

「先週会社辞めました!今無職です!って元気に自己紹介する人がいた。イヤ、とりあえずハロワでも行きなよって心で突っ込んでおいた」

「私も40過ぎの無職男に遭遇しました〜。前職は飲食店経営するも失敗→全然畑違いの職種(IT系だったかな?)に変わる予定だけど僕ならすぐ再就職出来るんで大丈夫ですって言ってた。その年で業界未経験で正社員がすぐ見つかるって世の中なめとんのか…しかも絶対借金あるやんと思ってたら仲良くして下さい!って連絡がきたので年違い過ぎるし無職は無理ですとお断りしたけど、その後も無職の弁明の様な返事が来て、こちらはちゃんと断ったし!とブロックして終了。婚活よりもまずは必死に就活しろ」

POINT非正規の人も多い時代、女性も高望みをしない人は多くなりましたが、流石に無職はね…。資産をかなり持っていて無職なら良いんですが…。

 

家事、介護要員として見られガッカリ

「親の介護してもらいますって会って早々に言われた 」

「同居して、共働き希望、育児家事はできる範囲で手伝いますとか…40半ば過ぎなのに、子どもを産める年齢の女性でないと嫌だとか…」

「わたしが特別支援学校で働いてて、障害のある子供たちと関わってる。そしたら、うちの父が障害があるんですよ!と嬉しそうに言ってきた男。なら自分で面倒見ろ、と思った」

「料理が出来るかどうか、共働きか、聞き方はそれぞれだけど必ず聞かれるこの質問にうんざりした。料理出来るし仕事も続けるけどさ、何かモヤモヤするんだよねー。そのくせ年収は変わらないくらいだったら、あなたは料理、家事する気ないの?って思ってひいちゃう」

POINT家事をさせたいなら家政婦、介護をさせたいならデイサービス等を利用すれば良いだけ。なぜか料理や家事、介護などは女性担当だと思っている男性は未だに多いが、逆の立場ならと男性は考えた方が良い。

 

世代間ギャップを感じ過ぎてガッカリ

「キャンディーズの解散コンサートのLDうちで一緒に見ようよとおっさんに誘われた」

「体力がなくて遊びに行ってもすぐ眠くなるじじい。お断り。」

POINT自分の世界や自分の青春時代も大切ですが、相手に合わせる、相手もギャップを楽しめる様な関係にならないと、年齢差はただ辛いだけのものになります。

 

積極的ではなくガッカリ

「ご飯をご馳走になった→1ヶ月連絡無し、2回目にお礼のお菓子をプレゼントしつつお誘いし、ご飯→また1ヶ月半連絡無し、またお誘いしてご飯→現在連絡無し 」

「女性なれしていない人が多い」

POINT出会いが無く婚活をやっている人には多いですが、婚活を始める決意をしたなら少し積極的になっても良いと思います。相手も出会いを求めている人なので、積極的にデートに誘いましょう。

 

上から目線にガッカリ

「ハッキリ言う毒舌な俺だけど?みたいな物言いの男と接した時。こっちの年齢知って明らかにひいた感じになってたり、“何でそんな話しかけてくるんスか〜?w”って言ってきたり」

「それはお互い言わない暗黙の了解みたいなのがない人がいた。私はマラソンが趣味で休みの日はトレーニングしてるんだけど男性に伝えたら、だから、結婚できないんですよ〜!と笑われた。こういうのは言わないもんだと思ってた」

「見た目普通以上の金持ちは全員怖いぐらいのモラ男だった。デートなんかでは優しくて紳士的なんだけど、女は、女なのに、ってワードが会話にチラチラ」

「期待してた様な反応を私がしないと、自分が勤務しているスーパーの女性店員と比較してダメ出しをしてくる人“そういう所が駄目なんですよー。女は可愛げ、ですよ〜笑 うちの店の女の子なら…”って」

「嘘はつけないから、とか本当の自分を知ってほしいと初音ミク?とかのをジャケットの中に着てきた人いた。メンタルは強いと思うけど場所わきまえないと思った。私は初音ミクとか否定しないけど女の子が好きな芸能人とか趣味伝えると自分を棚に上げて、否定しまくる人いる。なんでかな」

POINTアラフォーくらいの独身になると、男女共に自分の価値観が出来上がっている人が多いので、どうしても自分目線だけで語る人が多いです。自分を押し付けるのではなく、先ずは相手の話を聞き、相手の価値観を大切にしてあげる心を持ちましょう。

 

自己中や意味不明な態度言動にガッカリ

「ホテルのバンケットで食事がビュッフェだったのですが、私が最後のチーズケーキ取ったら“あー俺がチーズケーキ欲しかったのに!”と横から言われ、どうせ後から新しいのくると思うけど一応、これでよかったら、と言ったら遠慮なくその人がチーズケーキ食べたんだけど、虚しかったです」

「一晩の飲み会で8万使った話されたり、“俺のツレがあそこにいる女の子の事を可愛いって言ってた”と全然知らない女性が褒められてるところを報告してきたり」

「風俗行きますよっていきなりさりげなく言われた。引くわ」

「語尾に“ズラ”つけてたわざとらしくて冷めた」

POINTその一言って必要なの?って思う事を言う人は多いです。冷静になって自分で思い返すと恥ずかしくなりませんか?そういうノリなんでしょうけど、それを1つ1つ止めていく事が結婚への近道です。

 

デート内容にガッカリ

「待ち合わせの場所にガストとか大戸屋ぐらいしかなくてガストじゃちょっとねと僕の知ってる店があるから良かったらそこに行きませんか?と言われ電車に乗って数駅で下車しここですと言われたのがサイゼリヤだった。周りは高校生だらけでザワザワうるさく…。」

「午後7時に待ち合わせして、お茶でもしましょうと言われ、時間的にディナーじゃない?って思い、提案したら、もう僕は先にいただいたので〇〇さんが夕飯を、僕はコーヒーいただけるレストランに行きましょうか。と言われた。 」

「婚活パーティーでマッチングして、あっちからデートに誘われてきっちり割り勘だと、かなりショックを受ける。」

「初めて2人で食事に行くってなったときに場所が中間地点とかでもなく相手の住んでいる最寄りでいいですか?って聞かれた。住んでる所は割と離れてる(横浜と新宿とかで横浜でいいですか?的な)せめて場所どの辺りがいいですかとか聞いて欲しい。思いやりがない人だなぁと気持ちが下がった。」

「見た目爽やか10歳上の建築士とデートすることになってウキウキで出掛けた。相手が待ち合わせ場所指定してきたのに、ランチのお店を決めるときに、この辺わからないんで付いていきますねー!って言われた。散々迷った挙げ句、会計もワリカン。そのあとのカフェの会計は相手がカードで支払ってくれたけど、私が飲んだコーヒー代550円を500円でいいですよー!と言われた。50円奢ってあげたよ感がなんか嫌だった。」

最初の内は男性が主導権を握って女性をエスコートする事が良いですが、知識や経験が無い人は、女性に相談はする様にしましょう。それと食事代などは男性が出すとスマートです。「なんで男が出さないといけないの?」と思う人はいるでしょうけど、そうじゃないと単なるケチや節約家ではなく、大切な女性にもお金を使わない人に見えてしまいます。

 

諸々ガッカリ

「結婚相談所であなたにぴったりだと紹介された人が、49歳、身長150センチ台、長男実家暮らしで同居希望、少しハゲ、転職3回で年収420万円、初デートにシークレットブーツを履いてきて、ディナーに連れていかれたのは両親が待つファミレス…とフルコンボの人で、こんな人が自分に見合うレベルだと結婚相談所の人に思われたんだとショックで悔しくて悲しくて、数年ぶりに布団の中で泣きました。婚活のかなり序盤でもう心がぽっきり折れました。」

「10対10くらいの個室のお見合いに参加したとき、期待はしちゃだめだと思って行ったけど、ほぼ全員期待していない値以下だったときは愕然。年収200万円以下、鼻毛、寝ぐせ、服装、、軽くトラウマです。」

POINT婚活系では多い、自分の現在の価値が分かっていない人が、この手には多いです。自分の価値を高める努力もしませんし、相手へは条件が高い。男性に限らず女性にも多いので、どちらも注意が必要です。

 

関連記事一覧