1月のカレンダー

2020年1月5日の日曜日は「デートサンデー」1年で最大のオンラインデートの日

新年明けて最初の日曜日は、1年で最大のオンラインデートの日であり、世界的に「デートサンデー」言われています。2020年は1月5日が「デートサンデー」に当たり、出会いのチャンスは広がるので、新しい出会いが欲しい人はチャレンジしてみましょう。

2020年1月5日の日曜日は「デートサンデー」

2019年のデートサンデーの時に紹介したように、過去のデータを見ると、出会い系やマッチングアプリ等では、1年の最初の日曜日は出会い系サイトやマッチングアプリにおいて新規ユーザー、会話、メッセージに対する返信率が急増しているとされています。以下、2019年の紹介記事から。

海外のデートアプリHingeでは、デートサンデーに2017年に1日のアクティブユーザーが16%増加、2018年には22.5%増加し、返信率は36%増加、会話は20%増加したそうだ

これは別のサイトやアプリでも同様で、Match.comも新規会員が42%増加したと発表している。海外で人気の出会い系アプリTinderは全てのマッチングの10%が1月に行われるとしている他、OkCupidは2019年のデートサンデーにはユーザーが70%増加すると予測している。

こんな感じで実際にデータからも、新規ユーザーが増えて、出会いがしやすい状況が生まれている事が分かります。ちなみに日本の大手優良出会い系「PCMAX」でも1月は繁忙期だと言う事をオフィシャルにアナウンスしています。

 

 

年明け最初の週末が出会い系やマッチングアプリの繁忙期になる理由

お正月、初日の出

単純に、去年より今年は良い年にしたいと考える人が多く、その気持ちを切り替える区切りにしやすい事と、切り替えたばかりで意欲が強い状態の最初の週末だから。最初の週末は年末や正月の後なので、自宅でゆっくり過ごすと言う人も少なくないので、そういう時に家で意欲を持って出会い系やマッチングアプリを始める人が多いと言う事です。

使っている人も「今年こそは!」と考えて、心機一転頑張って「いいね」や「メッセージ」を送る人も多くなるので、自然とサイト内は活発になり、出会いのマッチング数は増えます。先ずは気楽に出会いをと言う感じなら出会い系を、真面目な恋愛を前提にと言う感じならマッチングアプリを、出会いが欲しい人は、この機会に頑張って見て下さい。

新規ユーザーが増える時期なので、意外と良い出会いが見つかり易いと思います。

関連記事一覧