1月6日は「デートサンデー」と呼ばれる1年で最大のオンラインデートの日

新年最初の日曜日は「デートサンデー」と呼ばれる1年で最大のオンラインデートの日

多くの人にとって新年は新たな始まりと共に、新たなチャンスをもたらす年になる可能性があります。出会いにおいても、新しいチャンスを見つける年にしたいと思っている人も多いと思います。

そういう人にとって新年始まって最初の日曜日は実は見逃せない日でもあります。この日は1年でも最大のオンラインデートの日として知られており、「デートサンデー」と呼ばれ、海外サイトやアプリでは様々なイベントも行われます。

過去2年間のデータを見ると、1年の最初の日曜日は出会い系サイトやマッチングアプリにおいて新規ユーザー、会話、メッセージに対する返信率が急増しているとされています。

海外のデートアプリHingeでは、デートサンデーに2017年に1日のアクティブユーザーが16%増加、2018年には22.5%増加し、返信率は36%増加、会話は20%増加したそうだ

これは別のサイトやアプリでも同様で、Match.comも新規会員が42%増加したと発表している。海外で人気の出会い系アプリTinderは全てのマッチングの10%が1月に行われるとしている他、OkCupidは2019年のデートサンデーにはユーザーが70%増加すると予測している。

たしかに新年になると心機一転で出会いにポジティブになる人は多いと思う。更に年末年始の多忙な時期を過ごした後の日曜日に、出会いを探したいと思う人も多くなるのは分かる。

日本ではデートサンデー等の名称はまだ浸透していないが、ネット上のマーケティングデータは共通する部分が多いので、日本の出会い系サイトやマッチングアプリでも1年の最初の日曜日は狙い目かも知れない。

当サイトのランキングでもお勧めしている「PCMAX」でもオフィシャルに1月は忙しい月で、ユーザーが増えアクセスも増えますと発表しています。今年の出会いに使ってみるのも良いですね。

関連記事一覧