女子中学生にみだらな行為で藤田水樹容疑者を逮捕 港湾職業能力開発短期大学校横浜校の指導員

深川太郎容疑者逮捕 愛西市立八開中学校講師がSNSで出会った少女にわいせつ行為

愛西市立八開中学校講師 深川太郎容疑者逮捕

ソース:日本経済新聞

愛知県警一宮署は16日、当時13歳の少女にわいせつな行為をしたとして、県青少年保護育成条例違反の疑いで同県愛西市立中の常勤講師、深川太郎容疑者(47)=三重県菰野町竹成=を逮捕した。「みだらな行為はしていないし、18歳未満とも知らなかった」と容疑を否認している。

逮捕容疑は2月16日から17日、愛知県一宮市の駐車場に止めた車内で、18歳に満たないと知りながら少女にわいせつな行為をした疑い。一宮署によると、2人は会員制交流サイト(SNS)で知り合った。少女が署に相談した。

この手の犯罪に多い、教育者による犯行で、出会いのキッカケになったのも児童が被害を受ける事件で急増しているSNSです。SNS、特にツイッターを介しての犯罪は急増していますが、それを把握して警察も監視や摘発に力を入れているので、児童との出会いのツールとして使わない様にしましょう。出会いを楽しみたいなら犯罪者にならない様に、大人同士で楽しみましょう。

 

深川太郎容疑者逮捕の詳細

氏名:深川太郎(ふかがわたろう)
年齢:47歳
住所:三重県菰野町竹成
職業:元愛西市立永和中学校講師、愛西市立八開中学校講師

講師と言う事で、教諭とは違います。講師は採用試験に合格していなくても働けるし、教職員採用試験で有利になる事もあります。都合の良い様に使われる存在になる事もありますが、現在は売り手市場となっているので、講師も大切な職員です。しかし、今回の事件で講師はおろか、教諭になるのも難しくなりそうです。

関連記事一覧