スルガ銀行

スルガ銀行が婚活アプリを利用したデート商法に組織的に関与か?

スルガ銀行が婚活アプリを利用したデート商法に組織的に関与とし提訴

ソース:時事通信

スルガ銀行が婚活を装い金銭をだまし取るデート商法に加担し、不正融資したなどとして、東京都内の20代女性が14日、同行などを相手取り、計220万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした。

訴状などによると、女性は婚活マッチングアプリで知り合った男性が経営する会社の執行役員に投資を持ち掛けられ、2018年5月、スルガ銀行から200万円の融資を受けて男性側に送金。その後、男性と連絡が取れなくなった。

女性は執行役員から同行行員を紹介され、行員は女性の年収を実際の4倍近くに水増ししたほか、全く身に覚えのない「介護目的」で融資申し込みがあったように偽っていたという。

婚活アプリで知り合った男性は「コーポレートプランニング」と言う会社を経営しており、その会社の執行役員から「投資で金を増やしてあげる」と持ち掛けられ、その原資としてスルガ銀行から、資金を借り入れしたそうだ。

執行役員からスルガ銀行の行員を紹介されたと言う事なので、婚活アプリで騙された女性とは知らない可能性はあるが、「客を紹介するから融資してあげて」と言う話の流れは元から出来ている状態だと思います。

シェアハウス「かぼちゃの馬車」融資問題、顧客の定期預金を流用した問題、マンション投資を巡る訴訟、創業家への融資に続き、このデート商法詐欺に加担した疑いと言う事で、一部上場している銀行が行っていた事に衝撃を受けます。

 

出会い系やマッチングアプリでデート商法詐欺被害に遭わない為の方法

お金の話には乗らない

「お金を出して欲しい」「儲け話があるから」「結婚資金として」等、何かお金を出さないといけない様な話には絶対に乗らない事です。国際ロマンス詐欺など外国人相手では「日本に行く為の費用が無い」「日本に行って結婚したいが、こちらに残す家族にお金を置いていきたい」等と言って送金させます。

先ずは出会って、相手を見極め大丈夫だったら正式にお付き合いをし始め、それでも大丈夫だと思った場合にのみ、お金の話はあっても良いと思いますが、そこまで至らない状態で乗るのは絶対にNGです。

高級な物を買わない

初めてのデートで、一緒に街をブラブラしていたら、素敵なジュエリーショップがあったから入ってみた。そこに入ってみると素敵なジュエリーがあって、おねだりされ買ってあげたが、その後連絡が取れなくなった。

彼がジュエリーデザイナーで展示会をやっていると言う事なので、デート兼ねて一緒に見に行くと、素敵なジュエリーをお勧めされ、彼の為とも思って買った。しかし、その後連絡が取れなくなった。

結婚の為に2人で住むマンションを買おうという話に。ローンを組んで買ったら直後に彼女が行方をくらました。これ系の話は山ほどあるので、付き合う前や、付き合い始めて早々に、高額商品を買わない様にしましょう。

セミナーに行かない

知り合った異性とデートする時に、何らかの勉強会やセミナーがあるからと誘って来て、一緒に行ってみると、ボッタクリの高額セミナーだったと言う事があります。また、ビジネス系のセミナーだと言われついて行ったら、ネットワークビジネスの勧誘だったという話も多いです。

関連記事一覧