大沢直樹容疑者逮捕 中高一貫校教師が男子生徒を買春した疑い

大沢直樹容疑者逮捕 中高一貫校教師が男子生徒を買春した疑い

大沢直樹容疑者逮捕

ソース:FNN

都内の中高一貫校の教師の男が、16歳の男子高校生にお金を渡す約束をして、わいせつな行為をした疑いで逮捕された。

児童買春の疑いで逮捕された都内の中高一貫校教師・大沢直樹容疑者(28)は、2019年2月、都内のレンタルルームで、神奈川県内の当時高校1年の男子生徒に1万円を渡す約束をして、わいせつな行為をした疑いが持たれている。

男子生徒がSNSに書き込んだ援助交際を求めた内容を、警察がサイバーパトロールで見つけ、事件が発覚したという。調べに対し、大沢容疑者は「欲求からしてしまった」などと供述している。

この手の犯罪に多い、教育関係者による犯罪。更に児童買春の為に使われ被害が急増しているSNSが出会いのキッカケになっています。ツイッターなどでは誰からでも見える場所に、援助交際を求める書き込みや児童買春を求める書き込みがある場合、警察は必ずチェックしています。犯罪者にならない為にも欲求がある人は、何かあった場合は必ず警察が動くと思って自制しましょう。

 

大沢直樹容疑者の詳細

名前:大沢直樹(おおさわなおき)
年齢:28歳
住所:不明
職業:都内の中高一貫校教師

ホテルではなくレンタルルームで事に及んだそうで、かなり慣れていて、他にも余罪があるのではと想像してしまいます。ホテルだと高校生くらいの年齢の人を連れて行くと人目も気になるし、男同士となれば更に気になる事でしょう。レンタルルームを使う事で、そういう怪しさを消していたのだろうと考えます。

レンタルルームは素人のモデル撮影にも使われています。AVまがいの撮影を行ったり、児童をターゲットにした卑猥な撮影を行っている人もいるので、レンタルルーム側に対してもう少し厳しいチェックを入れる様に警察は指導すべきです。

関連記事一覧