小熊悠太容疑者逮捕 ツイッターで出会った少女を買春した容疑

小熊悠太容疑者逮捕 ツイッターで出会った少女を買春した容疑

小熊悠太容疑者逮捕

ソース:FNN

北海道石狩市のホテルで当時中学3年の女子生徒に現金を支払っていかがわしい行為をしたとして、介護職員の30歳の男が逮捕されました。

4月11日、児童買春の疑いで逮捕されたのは、北海道石狩市の介護職員、小熊悠太容疑者(30)です。小熊容疑者は2018年8月20日、石狩市内のホテルで石狩管内の当時中学3年の14歳の女子生徒に現金3万円を渡していかがわしい行為をした疑いが持たれています。

警察によりますと2人はツイッターで知り合っていて、女子生徒が援助交際をうかがわせる内容をつぶやいていたということです。2人のやりとりの記録から小熊容疑者は女子生徒が中学生だったことを知っていたとみられ、調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということです。

今回の事件で児童が被害に遭うキッカケになったのも、SNSツイッターです。ツイッターでの児童が被害に遭うケースはかなり増えていて、児童が被害に遭うネットの出会いでは圧倒的な件数ですが、何ら効果的な規制は行われていません。

 

小熊悠太容疑者ツイッターアカウントと詳細

名前:小熊悠太
年齢:30歳
住所:北海道石狩市
職業:介護職員

アカウント名は悠太ですが、過去に診断メーカーで「小熊悠太」と名前を出しています。更に他のツイートでも同様に名前を出していました。

このアカウントを見てみると、YouTube動画にコメントしている履歴がありますが、それらの多くは恋愛や出会いに関連する物でした。更に以下の様に出会い系詐欺に引っ掛かった様子も伺えます。

フォロワーを見ると女性ばかりで、裏垢系、JK、サポートや援交系アカウントがかなり多いのが分かり、ツイッターを介して出会いを行っていた事が分かります。更に18歳未満と明らかに分かるアカウントに対してもフォローし、出会おうとしている事が分かる。

警察も「女子生徒が援助交際をうかがわせる内容をつぶやいていた。2人のやりとりの記録から小熊容疑者は女子生徒が中学生だったことを知っていたとみられ」としているのは、こういうアカウントは監視しているからです。

ツイッター上で誰でも見える場所に、これ系の事を書いていると警察にチェックされていると思って良いでしょう。売る方も、買う方もかなりリスクが高いので止めておきましょう。

関連記事一覧