佐賀県庁

17歳少女にわいせつ行為で向井純容疑者、佐賀県循環型社会推進課職員を逮捕

向井純容疑者、佐賀県循環型社会推進課職員を逮捕

ソース:朝日新聞

17歳の少女にわいせつな行為をしたとして、福岡県警は9日、佐賀県循環型社会推進課の職員、向井純容疑者(31)=佐賀市大財6丁目=を佐賀県青少年健全育成条例違反(性行為など)の疑いで逮捕し、発表した。「今は話したくない。弁護士と相談して決める」と話しているという。

春日署によると、向井容疑者は昨年9月7~8日、福岡県筑紫野市の無職少女(当時17)を深夜に外出させた上で、向井容疑者宅で性行為をした疑いがある。少女とはチャットアプリで知り合ったという。

今回の事件では出会いのキッカケとしてチャットアプリが利用されていた。チャットアプリだとLINEやカカオトークなどが使われる事が多い。規制が掛かっているが回避する方法もネットには様々出回っており、出会いを仲介する様な掲示板も存在するので、そういう所まで規制する必要があると思います。

児童が犯罪に巻き込まれるきっかけとしてはSNS、特にツイッターを介しての出会いが1番多く問題になっていますが、チャットアプリやメールアプリも、その次に多いと思われるので、早急な対策が必要となっています。

 

向井純容疑者の顔写真や詳細

名前:向井純(むかいじゅん)
年齢:31歳
住所:佐賀市大財6丁目
職業:佐賀県循環型社会推進課職員(公務員)

関連記事一覧