清水光樹容疑者逮捕 名古屋大医師が16歳少女を児童買春

清水光樹容疑者逮捕 名古屋大医師が16歳少女を児童買春

清水光樹容疑者逮捕

ソース:中日新聞

愛知県警少年課と安城、西尾両署は19日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、同県豊田市月見町3、名古屋大大学院生の医師清水光樹容疑者(35)を逮捕した。

逮捕容疑では昨年7月18日、当時16歳の少女が18歳未満と知りながら、現金3千円を渡すと約束し、名古屋市中村区のホテルでみだらな行為をしたとされる。「間違いありません」と容疑を認めている。

安城署によると、少女はツイッターなどで援助交際の相手を探す書き込みをしていた。未成年の不適切な書き込みを注意する県警の「サイバー補導」で昨年8月、少女の書き込みが見つかり、事情を聴いて清水容疑者が浮かび上がった。同署はこれまで、この少女にわいせつ行為をした男らを相次いで逮捕している。

今回の事件の出会いのキッカケになったのもツイッターでした。SNSを介して児童を狙った犯罪は急増しているので、何らかの効果的な規制は必要です。この事件の様に過去の事だから大丈夫だと思っていても、その少女が関わる別の事件から発覚する事は多数あるので、犯罪者になって全てを失わない様に児童を狙った出会いは止めましょう。

 

清水光樹容疑者の詳細

名前:清水光樹(しみずみつき)
年齢:35歳
住所:愛知県豊田市月見町3
所属:名古屋大学大学院医学系研究科
職業:医師
専門:整形外科一般、骨軟部腫瘍、デスモイド型線維腫症

関連記事一覧