奥浪鏡

プロ野球元オリックス奥浪鏡容疑者、児童買春の疑いで逮捕

プロ野球元オリックス奥浪鏡容疑者

ソース:日刊スポーツ

大阪府警淀川署は14日までに、女子高生にみだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)容疑で、プロ野球オリックスの元内野手でアルバイト奥浪鏡容疑者(23)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年12月11日、千葉県に住む女子高校生が18歳未満だと知りながら、西宮市の自宅で現金を渡すと約束し、みだらな行為をした疑い。淀川署によると、奥浪容疑者は「キャッシュカードの調子が悪いから今度払う」と言い、現金を渡さなかったという。2人は会員制交流サイト(SNS)で知り合った。

元プロ野球選手の犯行とあり、大きく報道でも扱われています。今回の児童が被害に遭った犯罪でもキッカケはSNSでした。SNSには効果的な規制が掛からないまま放置されており、今後も児童買春などの犯罪に遭う可能性が高い。

 

奥浪鏡容疑者は昨年12月にツイッターを復活させていた

昨年12月にツイッターアカウントを復活させて、そのアカウントで20日に初ツイートしている。「復活させたのはある出来事がありまして…笑」とありますが、逮捕容疑になった事件は12月11日に起きているので、児童との出会いに使っていた可能性も…。

「年男だからなんか良い事あるかな~」って言っていますが、児童買春で逮捕されるとは…。

 

奥浪鏡容疑者の顔写真と詳細

名前:奥浪鏡(おくなみきょう)
年齢:23歳
住所:兵庫県西宮市
職業:アルバイト、元オリックス所属のプロ野球選手

広島県呉市出身の元プロ野球選手で、広島ジャガーボーイズ、創志学園高等学校と野球を続け、2013年ドラフト6位でドラフト指名を受け、2014年から2017年のシーズン途中までは、NPBのオリックス・バファローズに所属、右投右打、ポジションは三塁手、一塁手。

オリックス退団後は社会人野球の関メディベースボール学院の野球選手科へ入学するとともに、学院と同名のクラブチームへ参加していた。

 

奥浪鏡容疑者には前科がある

ソース:Wikipedia

2017年シーズン中に、自家用車を運転したところスピード違反で摘発。大阪府公安委員会から5月17日より30日間の運転免許停止処分を受けた。奥浪は、球団にその旨を報告しないまま、処分期間中の5月22日にも「青濤館」(当時居住していた合宿所)のある舞洲(大阪市此花区)の路上で自家用車を運転。さらに、交差点を右折中に2人乗りのオートバイと接触したことによって、オートバイの乗員2人に軽傷を負わせた。

運転免許停止処分以降の事態を重く見たオリックス球団では、奥浪に対して、無期限の謹慎処分を科すことを翌23日に発表。野球の練習や(青濤館からの)外出を一切認めず、青濤館の寮長による指導の下で、奉仕活動へ臨ませることも明らかにした。

オリックス球団はシーズン終了後の戦力外通告を予定していたが、「早く地元の広島で次の進路への準備に入りたい」という奥浪の意向を受けて、8月3日付で選手契約を解除[16]。同日付で、NPBから自由契約選手として公示された。

交通事故を取り扱っていた大阪府警察此花警察署では、2017年8月7日に、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)の疑いで奥浪を書類送検に処した。この決定を受けて、大阪地方裁判所では、同年12月27日付で奥浪を在宅起訴。2018年5月15日には、懲役8ヶ月、執行猶予3年の有罪判決を下した。

 

奥浪鏡容疑者ファンの反応

オリックスでは堤選手が公然わいせつで逮捕されており、それに対するツイートが以下。

しかし…。

関連記事一覧