高島武彦容疑者の顔写真や詳細とは?

高島武彦容疑者を逮捕 豊島区広報課長が13歳少女に強制性交の疑い

高島武彦容疑者を逮捕

 

ソース:朝日新聞

インターネットの交流サイトで知り合った女子中学生に性的暴行を加えたとして、警視庁は4日、東京都豊島区広報課長の高島武彦容疑者(56)=東京都練馬区西大泉3丁目=を強制性交の疑いで逮捕し、発表した。「18歳ぐらいの女性と性交したと思うが、はっきり覚えていない」などと述べているという。

少年育成課によると、高島容疑者は昨年10月23日夜、中学1年生の少女(13)を乗用車に乗せて都内の駐車場に連れ込み、性的暴行を加えた疑いがある。学生限定の「ひま部」というチャット型交流サイトに男子高校生を装って登録して少女と知り合い、少女はサイトなどを通じて高島容疑者に悩みを相談。住所や電話番号、学校名なども伝えていた。高島容疑者はやりとりの途中で「一人暮らしの37歳」と名乗ったという。

今回の事件でも児童との出会いのキッカケになったのはSNSでした。児童が犯罪の被害に遭うキッカケはSNSが圧倒的に多く対策が急務になっています。特にツイッターが多く利用されていますが、その次が今回の事件で話題になった「ひま部」です。

SNS特にツイッターを介した出会いで児童の被害が急増中、デアコレが考える具体的な対策方法とは?

こちらの記事で特集していますが、平成29年に認知された児童被害の内、ツイッターとひま部に起因する事件が増加している事が分かります。こういう事件から、児童を狙う犯罪者らが更に利用する可能性が高いので、何らかの有効な対策は必要です。

 

高島武彦容疑者の顔写真や詳細とは?

高島武彦容疑者の顔写真や詳細とは?

名前:高島武彦(たかしまたけひこ)

年齢:56歳

住所:東京都練馬区西大泉3丁目

職業:東京都豊島区広報課長(公務員)

子供がひま部を使っていたら、親はかなり注意しなければいけないSNSだと言う事を教えておくべきだと思います。

関連記事一覧