スコットランドでも国際ロマンス詐欺被害で警察が警告

スコットランドでも国際ロマンス詐欺被害で警察が警告

今月22日、日本でナイジェリア籍の男ら数人が逮捕され話題になった「国際ロマンス詐欺」。SNSを利用した出会い系詐欺で世界的に被害が多発している。

スコットランドのウェスト・ダンバートンシャーでも同様に、国際ロマンス詐欺のターゲットにされ被害にあり、現地警察が警告を出している。

ウェスト・ダンバートンシャーの警察は「オンライン詐欺氏はよくリハーサルを行っており、多くの場合は非常に説得力があります。チャットルーム、またはインターネットを利用した出会い系サイト等に登録した後、貴方に興味を示している人から連絡が着ます。彼らは住まいが海外であると言うかも知れません。あるいは時々貴方と同じ国にいると言うでしょう。」

「オンラインで安全を確保する為には、個人情報を投稿する事を避け、送金要求に応じたり、口座に送金したりしないで下さい。銀行の詳細を明らかにしないで下さい。とりわけ貴方の本能を信頼しなさい。何かが正しく無い様であれば、そうでは無いかも知れない。」と述べ警戒を怠らず、潜在的なパートナーに会う為にログインする時は、あまりに信用し過ぎない様にと警告した。

国際ロマンス詐欺では数週間~数か月間の会話を行って信頼関係を築き上げたら、その後に必ず金銭の要求があります。ですので、どうしても相手が気になる、好きだと言う場合でも、お金のやり取りをしなければ被害に遭う事はありません。絶対に会うまではお金の話や要求には乗らない様にしましょう。

更に、これらの犯罪が認知され多くの人に警戒されると、実際に会う所まで発展すると思います。「1度お金を取りに行くから用意してくれ」と。オレオレ詐欺と似た発展の仕方をするのではと思っています。そこに代理人では無く、SNSで実際に話していた相手が現れたら信じてしまうでしょうが、そこも詐欺かもと警戒しておくべきです。お金を渡した相手と2度と連絡も取れないし、会える事も無かったと言うのがオチになるでしょう。

関連記事一覧