世界各国のデート代事情とは?割り勘派、男性が支払うか多めに持つ?

世界各国のデート代事情とは?割り勘派、男性が支払うか多めに持つ?

素敵な人と知り合ったり、出会い系サイトやマッチングサイトで出会った人と初デートの時、どちらがデート代を支払うべきか、割り勘にすべきかと迷う人はいらっしゃると思います。日本では一般的に男性が支払う方が多いですが、世界各国のデート代事情はどうなっているのか?各国のサイトや調査結果などを見てまとめてみました。

男女関係、どちらも社会人で仕事に就いている人と言う事を前提に調査しています。

 

世界各国のデート代の支払い方の常識とマナーとは?

日本でのデート代の支払い事情

初回のデートもその後のデートも男性が奢る事や多めに出す事が圧倒的に多いし、女性もそれを期待したり、奢ってくれない男性は男らしくないと捉える人が多い。しかし若い世代は割り勘でもOKと言う女性が多くなっている。

 

中国、台湾、シンガポールなど中華系が多い国でのデート代の支払い事情

基本的には奢り奢られ文化で同性同士の食事でも割り勘はしない。「なんてケチな人だ」とか、もてなしている人に対して失礼だと受け取られます。奢られた方が次回の食事で奢り返すのがマナーです。デートでは男性が奢るのが一般的。

 

韓国、中東などイスラム教の国民が多い国でのデート代の支払い事情

男性優位の社会であり基本的に男性が奢る。韓国は女性を卑下してる世代が多かったので、そういう観点から男性が支払っていましたが、近年、若者世代では男性が全額支払うのではなく、多めに支払うカップルが多数になっている様です。

 

米国でのデート代の支払い事情

割り勘もあるが、日本と同様で最初のデートは男性が奢る事が圧倒的に多いし、その後も男性持ちが多い。

 

ヨーロッパでのデート代の支払い事情

ヨーロッパと一括りには出来ませんが、男女平等が当たり前の国々が多いので、食事やデート代は割り勘が当たり前の国々が多いです。遊びに誘ってくれた男性からレンタカー代の半分を請求される事も当然の事です。

奢ったり、奢られたりするのは誕生日や記念日など特別な時だけが基本。しかし多くの国で最初のデートだけは誘った方が払うと言うのが多数で、その次に男性が払う、割り勘と言う順番となっている調査が多いので、最初のデートだけは違うみたいです。

英国は日本や米国と似た感じで男性持ちが多いが、中国の様に奢ったら奢り返すと言うのも一般的。イタリアも口説き目的なら男性持ちです。北欧やドイツ、フランスではキッチリ割り勘が多く、お互いの会計をそれぞれのクレジットカードで払うのも一般的でお店も当たり前で受けます。

 

ブラジルでのデート代の支払い事情

男性が奢る事が一般的です。女性側が割り勘を提案すれば男性のプライドを傷つけたり、貴方に興味は無いと断っているのと同じ事になります。

 

出会い系サイトやマッチングアプリで出会った人とのデート代は奢るべき?

出会い系サイトやマッチングアプリで出会った人とのデート代は奢るべき?

日本人で日本人と出会い系サイトやマッチングアプリで出会った場合、男性なら奢る事をお勧めします。若者同士では割り勘でもOKの女性も増えていますが、それはあくまで同年代の恋人、友達などの関係に限ります。

一般的には男性が奢る事が当たり前になっていますし、残念な事かも知れませんが、それで男らしさを感じる女性も少なくありません。逆に奢ってくれない男性に男らしさを感じないとガッカリする女性も多いです。出会い系やマッチングアプリでお金を使った上に、更に奢らされるのかとケチな人は考えると思いますが、現状はこうなので、気持ち良く奢っておいた方が無難です。

出会い系等の出会いでは、初対面でファーストデートとなるので、特に奢る方が良いでしょう。そこをケチる人は、そもそも出会い系を使って沢山の出会いを求めない方が良いと思います。

関連記事一覧