体験談:30代になって気付いた34歳独身女性の悲痛な叫び

体験談:30代になって気付いた34歳独身女性の悲痛な叫び

おーぷん2ちゃんねるに体験談として「ワタシ将(34・独身)、気づく」とし34歳独身女性の悲痛な叫びがあったので紹介します。20代はまだまだ遊びたい、婚活は30代になってからで大丈夫と考えている女性は必見です。同じ失敗をしない様に、この叫びから教訓を得ましょう。

ワタシ将(34・独身)、気づく

ソース:おーぷん2ちゃんねる

以下が34歳独身女性の悲痛な叫びです。

「結婚だけが女の幸せじゃないとか言うけど結婚しないと絶対に幸せにはなれないわ」

「専業主婦になりてー」

「少なくとも子供欲しい、自分が生まれた意味を見いだせない」

「ワタシに一人で死ねと言うんか?おぉん?」

「旦那の愚痴とか言いてー」

「男女平等とかクソや、養え、ワタシを」

「バリバリキャリアウーマン私“男とかいらンゴ!”しょぼくれ偏屈お局ワタシ将“男…男…”」

いままでなにをしていたのですか?の問いに「仕事してました!」

仕事ばかり頑張って来て、気付けば一人ぼっちで寂しくなったのでしょう。34歳なのでまだ間に合うと思いますが、相手への希望はそれほど高い物は望めなくなる歳でもあります。それに対して他の人達のレスが以下です。

「結婚しても幸せになれるのは一握りだけや。ある程度諦めつけた方が楽やで」

「幸せそうに見えるだけやで外に立ち並ぶ家というブラックボックスの中で、何が行われてるかわかったもんじゃない」

「共働きやないと無理や養えるほどの稼ぎないわ」

「女の愚痴には共感してればええんやで」

「今不幸なやつは結婚しても不幸やで」

「34て26の姉でさえ婚活しているのに」

「そういうのって結局幸せアピールなんだよな。本当の愚痴なんか人前に出せるわけないのに、“結婚してるからこの苦しみがあるのよねー”って言いたいだけ。そのまま自我が肥大化していって最終的に苦しむのは自分なのにな。そんなまやかしを信じたいなら信じとけばええ思ったより幸せではないと思う。これで俺がどれだけモテんか分かったやろ」

「結婚云々の前にまず男と付き合うのがさきなんじゃないですかね…?」

「顔がクリーチャーでないなら性格さえ良ければまだ間に合うやろ結婚になに見てるんだか知らんが」

「今の時代に専業主婦はマジで甘え」

なかなか厳しい意見が多いです。確かに現在の可処分所得を考え、将来の経済状況や社会保障状況を考えると、共働きして貯蓄しておきたいと考える家庭は多いです。ですので、専業主婦でOKと言う高収入男性は少数派ですし、30代中盤で高収入男性をゲットするのはかなり厳しいのが現実です。

こういう状況にならない為にも、20代からある程度現実的に考えておかないといけません。

関連記事一覧